厚木市立病院開設10周年記念講演会―手術の動画でびっくり

 台風27号の直撃を免れた10月26日(土)の午後3時から、「厚木市立病院開設10周年記念講演会」が総合福祉センター6階ホールで開かれました。
 県立厚木病院が神奈川県から厚木市に移譲され、厚木市立病院として平成15年4月1日に開設されました。
それから10年、産婦人科の休床などもありましたが、昨年10月には新病院建設工事が着工、28年度のオープンに向け進んでいます。
平成24年度からは、運営を地方公営企業法の全部適用とし、病院事業管理者が運営の責任を持つことになりました。

柿が赤くなれば医者が青くなる

基本理念は「市民の皆様に信頼される医療を提供します」、
基本方針で
 1.生命と健康を守るため、安全で良質な医療を提供します。
 2.真心のこもった医療を提供します。
 3.健全な病院経営を推進します。
としています。基本方針1のなかで、急性期、がん、糖尿病及び高齢者、小児・周産期、災害拠点病院、地域の医療機関との連携を掲げています。

 記念講演会のあいさつで、病院事業管理者である山本裕康院長は「少子高齢化の現状で、国の根幹を担う人々を医療がしっかりサポートすること、個々の幸せと国の繁栄のバックグラウンドを固めることが求められている。調和のとれた地域完結型の医療体制の構築が必須と考え、現病院の改革と新・厚木病院の建設に全力であたっている。ご期待下さい」と頼もしい言葉。

 その後、3つの講演がありました。
講演会の様子。私の席は2列目でした。

 「脳卒中の治療と予防」脳神経外科部長の寺尾亨医師が、くも膜下出血・脳梗塞・脳出血のそれぞれの症状や治療、予防について講演。「水分は充分取ること。トイレが近くなるからと水分を控える人がいるが、トイレに行くのと脳卒中になるのとどちらが良いかは明らかだ。タバコはやめましょう。市立病院の4人の脳外医師は誰もタバコを吸いません」など、早口のお話に、身につまされた人もいたのではないかと思われます。手術中のリアルな動画もあって、こうして市民のいのちと健康が守られているのだと信頼と感謝をしつつ、できれば自分はこういう手術をされないようにと願ったのでありました。
寺尾医師のリアルなお話
 その後は「どうする、どうなる小児医療(日本小児科学会が進める小児医療提供体制の改革について)」を小児科上席医長の伊東建医師、「狭心症と心筋梗塞」を循環器内科部長の八木秀憲医師が講演しました。

現在、市立病院はⅠ期の掘削工事中。ちょっと覗いてみました。
掘削は、来年1月までは続くようです。
地下数メートルまで掘っています。
工事が無事に完了することを願っています。
 
スポンサーサイト
  1. 2013/10/27(日) 19:45:07|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「色男の力もち」というネーミング | ホーム | 下水道使用料に関する陳情 2件>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/995-4dd697c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)