「ようこそ釧路川へ」を見る

5月に市民福祉常任委員会で、生活保護中間就労支援の視察をしてきたのですが、その時の釧路は「枯れ草ベージュ」色でありました。
緑の釧路を見たいと思い、8月中旬、初めての家族旅行。

お盆は昨年までは、私の故郷(岩手)か夫の実家(長崎)で墓参り。
2年前の東日本大震災で、実家が流されて無くなってしまったこともあって、今年は全くの観光旅行。
初日は釧路空港からの道でキタキツネに遇う、2日目にはヤマセミ、ザリガニ、3日目はエゾシカ、ツルと、驚きの連続でした。

2日目にカヌー体験。屈斜路湖から釧路川の源流を6キロ、途中おやつタイムも入れての3時間。
これは、ノースイーストの平塚さんご夫妻がブログ「ようこそ釧路川へ」で写真たっぷりで載せていますので、ぜひ、そちらも御覧ください!
なんたって、家の子に言わせると「マグロのように口をあけて(喋って)ないと死んでしまう、おしゃべりババア」が「素敵な奥様」になるんだから。
また、行きたいな。

その日は、カヌーに乗るからジャージ。
次の日はバイクの後ろに乗ったので、やはりジャージにした。
で、着替えようと思ったら、何と、先に送ったバッグにスカートを入れていた。
で、空港で預けたバッグからワンピースをとろうと思ったら時間が無くて、結局、3日間ジャージで過ごしたのだった。

羽田に着くと家族と別々に。私は一人ジャージのままで羽田から池袋へ行き、高速バスで岩手へ。
夜明けに車窓から見える草茫々の津波の跡が、一瞬、湿原に見えた。

まちを歩き、改めて、現実の厳しさを思う。



スポンサーサイト
  1. 2013/08/24(土) 15:09:22|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月定例会  市長の給与10分の10減額について | ホーム | 「国保料はなぜ高いのか?-自治体学校にて>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/981-df7fd55a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)