一般質問― 市長答弁です

6月7日の私の一般質問での、市長答弁は以下の通りです。

1 福祉行政について
ア 難聴者対策について
 (ァ)市内公共施設における難聴者への対応と課題は。
 (ィ)磁気ループ(補聴器誘導システム)を導入してはどうか。

 難聴の方が市主催の講演会や会議などの参加される場合は、主に手話や要約筆記者を配置してまいりました。
 課題といたしましては、難聴の方の聴きとれる状況がそれぞれ異なるため、きめ細かい対応が必要であることと考えております。
 磁気ループにつきましては、補聴器を補完するシステムの一つであると認識しており、すでに、総合福祉センターなどに設置しているところでございます。
 今後の設置につきましては、市民の皆さまのニーズや施設の利用形態を勘案しながら研究してまいります。

近所の駐車場にタンポポ

2 福祉行政について
ア 生活保護について
 (ァ)中間的就労支援を取り入れてはどうか。
 (ィ)生活保護基準等の変更でどのような影響があるのか。
   また、運用はどう変わるのか。

 中間的就労支援は、一般就労の難しい公的扶助対象者が、ボランティア活動などを通じて、社会とのつながりを持ち、意欲の向上などが図られることで一定の成果があることは認識をしております。
 今後におきましては、国の制度改正等を捉えながら支援ができるよう、研究してまいりたいと考えております。
 生活保護基準等の変更につきましては、現在、審議中の法案や国・県からの通知によりますと、年齢や世帯構成の状況などを考慮し、3年程度をかけて、段階的に実施するとされております。
 また、運用につきましては、現行の考え方を維持しながら見直しが実施されるものと聞き及んでおります。

         花は盛りを過ぎたかな。

3 教育行政について
ア 体罰アンケートについて
 (ァ)結果と対応は。

 体罰の実態を把握するとともに、体罰根絶に向けた取り組みを進めるために、本年2月から3月にかけて、市立小・中学校の全児童・生徒及び保護者、教員を対象に調査を実施いたしました。
 調査にあたっては、学校に詳細の聞き取りを行うなど、個々の状況に応じ、児童・生徒の人権尊重の視点から必要な指導を行いました。
 今後も、児童・生徒理解や人権尊重に関する研修等を通して、教員の指導力の向上を図るとともに、児童・生徒が教員との温かい信頼関係のもと、生き生きと学校生活を送れるよう、学校を指導・支援してまいります。
 



スポンサーサイト
  1. 2013/06/10(月) 12:49:32|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自分の一般質問が終わったので・・。 | ホーム | 一般質問の登壇原稿 -磁気ループのことなど>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/966-c20fdd19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)