2月議会、各常任委員会の様子

2月議会は主に新年度予算を審議します。さらに今議会は2月末に決まった国の大型補正予算を受けて、新年度に予定していた事業を今年度に前倒しするなどで、今年度に29億1586万円を追加し、新年度予算から23億3634万円を減額する補正予算となっています。その結果、新年度予算は未執行のまま補正後の一般会計が714億4365万円となります。
各常任委員会の様子をお知らせします。

総務企画常任委員会  3月7日(木) 8議案1陳情
◎(仮称)あつぎ元気館の設計・建設・管理業務の一括発注で22億9215万円。今後、商業施設のテナント、駐車場、市全体の公共施設再配置との関係など質疑がありました。
◎陳情は「「神奈川県緊急財政対策」の見直しを求める意見書を県に提出することを求める陳情」の1件。7名の委員のうち、発言したのは釘丸議員のみ。皆の意見を求めたものの、他の委員は牡蠣のごとく一言も無し。そして、反対で不採択。反対の理由がないのに反対するのはなぜなのか?

市民福祉常任委員会  3月8日(金) 15議案1陳情
◎厚木市新型インフルエンザ等対策本部条例 国の特別措置法の制定に伴うもの。しかし、治安維持のため市民の人権や生活を制限することがあり、国でも充分に論議されていません。
◎陳情「「厚木市立保育所民営化基本計画(案)」の慎重審議を求める陳情」、6か所ある市立保育所を全部民営化するとの計画案。パブコメでは半数以上が民営化に反対との意見。民営化そのものの賛否ではなく、慎重に審議をしている、周知に問題があるとの意見で不採択に。賛成は民営化反対は栗山議員のみ。

環境教育常任委員会  3月11日(月)  10議案1陳情
◎補正予算では再生可能エネルギー促進事業で、南毛利中学校と飯山小学校に太陽光発電設備設置。釘丸議員が12議会の一般質問で学校への設置を求めていました。当初1校の予定が、補正で2校に増。
◎補正予算で増えたものが防災ベンチ。災害時に一時避難場所になりうる公園にトイレになるベンチを当初予定の5か所を61か所に増やして設置。ただし、場所は今後の地域との話し合いで確定します。

都市経済常任委員会  3月12日(火)  12議案
◎前議会で観光振興条例が成立。新年度は飯山でハイキングコースの整備や案内板設置、七沢でトイレの新設など、観光に力が入っています。
◎中心市街地の整備について、元気館(旧パルコ)や公共施設との関連を含めた質疑が多くありました。今後、厚木としてどのようなまちづくりをしていくのかが問われます。

これらは、午前9時から1日がかりで4日間行われた、条例の新設や一部改正、予算や陳情など、計45議案3陳情の審議の、ごくごく一部です。約1週間すればインターネットで見ることができます。どこをとっても市民生活に直結し、国との関わりも大きいものもあります。

本会議は3月21日、各常任委員会の報告があります。その後の討論では議員が賛成反対のそれぞれの理由を訴え、採決となります。ぜひ傍聴にお出で下さい。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 21:33:09|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<さよなら原発 パレードinあつぎ | ホーム | 3月1日の一般質問での市長答弁です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/952-45f673ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)