さよなら原発 パレードinあつぎ

東日本大震災の発生から2年が過ぎました。被災地の復興は遅々として進まず、原発は再稼働してしまいました。
3月11日は全国各地で追悼行事が行われ、10日を中心に原発反対の様々な行動がありました。3月10日には厚木でも集会があり、ベビーカーの赤ちゃんから、若者や人生の大ベテランなど、幅広い市民が参加。続いてのパレードでは、沿道の人々に「ごいっしょに歩きましょう」とよびかけながら、歌も歌って、脱原発を訴えました。
参加者は、思い思いのメッセージをボードやプラカードなどに書いたり、着ぐるみや色鮮やかな帽子を着用したり、鈴やカスタネットなどの鳴り物、風船などもあって、にぎやかなパレードとなりました。

よびかけ文
 福島第一減の圧の事故から満2年、私たちは原発の危うさと放射能汚染の恐ろしさを思い知りました。
 原発に頼らずに安全で再生可能な自然エネルギーに切り替えるときがきています。
 子どもたちを放射能の危険のない社会で育てたい・・
 子どもたちの未来のために、子どもも若者も、パパ・ママ、おじいちゃん・おばあちゃん、みんなで一緒に歩きましょう。
 原発事故のために、故郷を離れざるを得なかった人たちの思いも込めて、「さよなら原発、再稼働反対」の声を大きく広げて行きましょう。

さつき公園、パレード出発前に

日本の電力の3割は原発と言われていましたが、現在、稼働しているのは福井県の大飯原発2基のみ。それでも電力は充分足りています。
多くの巨大地震の発生が予測されている日本で、安全神話を振りかざし、3・11で過酷事故が起きても「安全だ」と言い続ける国と電力会社のいうことなど、まったく信用できません。
さらに放射性廃棄物(核のゴミ)の処理はできず、稼働すれば人体に被害を与えるごみが増え続けることになるのです。
原発の「即時廃止」、エネルギー政策の転換は国民の安全・安心を守る上で、必要な事です。現政権の無謀さに脱原発を諦めることなく、声を上げていきましょう。
 
厚木市では、平成25年度に市内の小中学校各1校で太陽光発電設備の設置を計画しています。これは釘丸議員が一般質問で取り上げ、実現できたものです。引き続き、市独自での再生可能エネルギーの拡大を求めていきます。



スポンサーサイト
  1. 2013/03/20(水) 10:59:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「TPP」参加で、日本も銃社会に?! | ホーム | 2月議会、各常任委員会の様子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/951-f5a5a56a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)