3月1日の一般質問での市長答弁です。

3月1日(金)、私の一般質問での市長の登壇での答弁です。
その後のやり取りの方が、細かくてわかりやすいと思います。
そろそろ、市のホームページで見られるはず。
ぜひ、そちらもご覧ください。
春を感じます。

(1)子育て環境の整備について 
ア 市立保育所民営化について
  (ァ)民営化による子育て環境への影響は。

市長)本市には、現在、認可保育所が23か所あり、このうち、公立が6か所、民間が17か所となっております。
 公立・民間ともに、国が定める設置基準や保育所保育指針に基づき保育が行われていることから、民営化による大きな変化は無いものと考えております。
 今後におきましては、入所児童や保護者に負担のかからないよう十分配慮し、民間事業者への移管を進めてまいりたいと考えております。
山にも春が来た

(2)福祉行政について 
ア 生活保護について
  (ァ)生活保護基準等の見直しによる影響をどのように
     認識しているか。また、対応は。

市長)現在、国や県からの情報提供はないため、詳細を申し上げられませんが、制度等の改正がおこなわれることにつきましては、新聞報道等を通じて、承知しているところでございます。
 また、制度の運用にあたりましては、生活に困窮する方々への最低限度の生活の保障と自立の支援につながるよう努めてまいります。
誕生寺の桜

3)防災行政について
ア 防災対策の充実について
  (ァ)一時(いっとき)避難場所の現状と課題は。

市長)一時避難場所は、災害時において、自らの安全を確保するとともに、指定避難場所や広域避難場所へ避難する前位に、家屋の倒壊、火災の状況など周囲の様子を確認し、次の行動への判断を行う場所であり、自宅近くの公園や広場などを家族や隣近所、自主防災対があらかじめ決めておく場所です。
 なお、一時避難場所としての役割を広く市民の皆様に周知することが必要であると考えております。

  (ィ)マンションの耐震診断・改修助成を行ってはどうか。
市長)平成24年1月1日現在マンションを含めた非木造の共同住宅の耐震化率は、木造戸建て住宅と比べて、高いものと認識しております。
 こうした状況を踏まえ、現在、木造戸建て住宅を対象とした回収費用助成を行っておりますが、「地震は起きるもの」と捉え、マンションの耐震診断補助制度について、調査研究してまいりたいと考えております。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/19(火) 13:45:00|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月議会、各常任委員会の様子 | ホーム | 一般質問 市立保育所民営化、生活保護、耐震>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/950-39094945
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)