久松食堂のチーイリチャー

1月30日の米軍施設巡りで、昼食は何がいいかと聞かれたので、「沖縄のもの。私たち好き嫌いはありません、なんでも食べます」と答えました。
沖縄の正月料理というので、どんなものかと想像しながら、連れて行ってもらったのが、金武町にある「久松食堂」。
久松食堂の看板
みんな、店の前に路駐です。

お店に入ると、地元らしき人ばかり。
多くが、こげ茶色のカレーライスみたいなものを当たり前の様子で食べている。
気になる、気になる。あれはなんだろう。

それが、お目当ての正月料理・チーイリチャー。チーは血、イリチャーは炒め物。
お正月に豚をしめて、その新鮮な血でつくるものだそうです。
チーイリチャーと沖縄そば
沖縄そばがついて700円。
刻みニンニクがたっぷりのって、ご飯の量も多い。食べきれなくて残してしまったが、持ち帰りもできます。
翌日、今帰仁でタコライスを頼んだが、ここもご飯の盛りが良くて、前日に懲りて、ご飯の量を減らしてもらった。

もし、沖縄に行ったらチーイリチャーを食べてみて!
普通の観光地ではとても食べられませんよ。



スポンサーサイト
  1. 2013/02/04(月) 09:27:59|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<戦跡を見る | ホーム | 宜野座村で区長さんらに聞くーオスプレイ超低空飛行訓練に抗議>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/944-ecbe6fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)