青少年健全育成大会 ー被災地だけが元気がないのか

地域をつなぐ人づくり、なかまづくり
~心の触れ合いを大切に~


11月17日(土)、第37回青少年健全育成大会が開催されました。時代を担う青少年が心身共に健康に育ち、社会的自立を果たすには、市民一人一人が認識を深め、家庭、地域、学校、行政が連携、協力して一体となった支援活動を展開することが必要です。そのために、青少年の健全育成活動を促進及び定着させようと、関係者が一堂に会するものです。

15地区が順番にする活動発表は、地区にとっては15年に一度の大イベント、力が入ります。
今回は、南毛利南地区です。
「人のふれあいを楽しみ親と子どもの絆を結ぶ地域力」を目標として、「地域を盛り上げるために、自分たち役員が楽しくやることが大事」と、ステージでは仮装大会かと見まごうような様子の役員も登場。どろんこバレーボール大会のことなどを実に楽しそうに発表しました。
南毛利南地区のみなさん

その後は講演。講師は、新田新一郎氏です。仙台を拠点に「子どもが育つまちづくり」「子どもの参画」をテーマに、子どもの遊びと美術のワークショップで、子ども環境学会の活動奨励賞を受賞しています。
新田氏の講演

いい先生が学校だけでなく地域にもいっぱいいる。
南毛利南地区の発表を聴いて、「すごいぞ、厚木」とブログに書いて出てきた。

3・11の時、自分の所にいた子どもたちは、泣いていなかった。泣いていたのは、子どもの無事を確認したお母さんたちだった。

被災地に何度も行っているが、そこでジュニアリーダーたちが活躍していた。
3か所で、3日間の練習、4日目が本番の子どもミュージカル「明けない夜はないから」をした。
「歌う」って、「訴える」が語源。

出演者の中には、避難所でできたブツブツが治ったり、津波のトラウマでお風呂に入れなかったが入れるようになった子もいた。
終演後、子どもたちは「皆に元気に・笑顔になってもらいたい」「皆のおかげで元気になった」と。
(このあたりで、会場のあちこちから、すすり泣きが聞こえてきました)

だけど、被災地だけが元気がないのか。
七沢のクレソン畑

今、日本の子は自殺し、虐待を受け、疲れている。
自尊感情を持つ子が8.6%、10人に一人もいない。
昔は、返事がいいとか足が速いとか、いっぱいモノサシがあった。
今の、子どもの一番の問題は、「合理的に効率良く」を求められること。
日本は記憶力しか育っていない。
本物の経験・体験がない。地域の教育力がない。
教育力とは、その気にさせること。
「俺にはこれがある」と人は生きられる。

学校でいじめをしている子に、地域でいろんな場面でその子に「ありがとう」と言ったらいじめなくなった。

ポジティブシンキングの人が地域に一人いたら、笑顔になる。金持ちではなく、熱い笑顔の時間持ち。人は人に育てられるしかない。食べるもの、笑顔、ふれあいで育つ。
空間・時間・仲間の3つの間で育つ。大切な何かを次の世代につなぐことが、日本を救う事になる。

七沢、斜面の紅葉

感想

子どもに関する事件があると、すぐ学校のせいにされがちだけれど、本来は家庭だと思います。
それから地域の力。
問題を学校に解決を求めるうちは、本当の解決にはならないのではないかと思います。
行政や学校の役割を否定するつもりは全くないけれど、家庭や地域の力がないと、人は育たないのではないだろうか。
学校や行政が、子育てについて、上げ膳据え膳じゃあ、家庭や学校の力は育たないと思います。
住民自らができることは、たくさん、たくさんあるでしょう。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/26(月) 17:15:20|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<選挙が、始まった | ホーム | 神奈川臨調、県央地域での説明会。写真は七沢のふれあいデー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/922-1ce052b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)