9月議会、一般質問での市長答弁

9月5日の私の一般質問で、市長の登壇での答弁は、必ずしも、いいものとは言い難い部分も。

(1)少子化対策について
  ア 不育症について
   (ァ)不育症治療に助成をする考えは。


市長)不育症に対する助成は、少子化対策の一つであると認識しております。
   そうしたことから、現状では、新たな助成制度の創設を、国に要望しているところでございます。
   今後も、国の動向に注視しながら助成制度の方向性について、研究してまいります。

(2)地域経済の活性化について
  ア 住宅リフォーム助成制度について
   (ァ)経済効果をどう認識しているか。
   (ィ)継続する考えは。


市長)住宅リフォーム助成制度につきましては、平成23年度、383件、24年度前期、108件の利用実績がございました。
   住宅改修の投資額といたしましては、約3億3千万円のリフォーム工事が実施され、様々な業種にその効果が波及し、大きな経済効果が発揮されたものと認識しております。
   本制度は、地域経済の活性化への起爆剤となるよう緊急的な経済振興対策として平成23年度及び24年度の2年間を事業期間として定め実施しているものでありまして、初期の目的は達成されたものと考えております。

小鮎川、堺橋下流の、葛(クズ)の花
   
(3)福祉行政について
  ア 生活保護について
   (ァ)現状と課題は何か


市長)生活保護をとりまく現状といたしましては、厳しい雇用情勢などにより離職した方や退職後、預貯金を切り崩して、生活してこられた無年金及び低年金の恒例の方からの申請が、増加している状況となっております。
   なお、働く意欲のある受給者への就労促進を図るため、就労支援員を活用し、受給者一人一人に、決め細かな支援を行うなど、自立助長に向けたなお一層の取組が必要であると考えております。

 イ 高齢者施策について
   (ァ)高齢者バス割引乗車券(かなちゃん手形)購入費助成事業の
      現状と課題は何か


市長)高齢者の外出の機会の拡大や社会参加の促進を図るため、高齢者バス割引乗車券、通称「かなちゃん手形」1年分の購入を希望される満70歳以上の高齢者に、購入費の一部助成を行っております。
   今後につきましては、高齢人口の増加に対応した制度の見直しが必要な時期であると認識しておりますので、現在、検討いただいております「福祉サービス事業見直し検討委員会」の結論を踏まえ、今後の方向性を明らかにしてまいりたいと存じます。

カマキリの卵に蟻

今回の私の質問は、具体の事業のことばかり。
細かいようだけど、厚木市の事業の一つ一つには、行政のセオリーや市長の政治姿勢がにじむものだから、市民からの声をしっかりと言っておかなくてはね。
神奈川臨調のように、行政の役割を投げ捨て、はきちがえてしまったら、市民のくらしは大変なことになってしまいますからね。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/11(火) 10:13:14|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<総務企画(決算) | ホーム | 一般質問で事業の新設と継続を求める>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/905-3e50c70f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)