政治倫理審査会、問責決議可決

厚木市議会議員が昨年7月の当選後も1年近く市営住宅に居住し続けた問題で、厚木市議会として、政治倫理審査会を設置し、対象議員からの事情聴取も含めて、4回の審査会が終了しました。
市民からは辞職を求める声が、市や各議員にも届いていますが、本人はやめないと、明言しています。
議会として辞職勧告はできますが強制力はなく、本人が辞めないのであれば、勧告しただけで終わりということになってしまいます。
問責決議に2項目を付帯して議会に提出することになりました。
議会としては今後1年間、議会の役職停止、同時に本人に対しての要望を入れました。
 1.市民への謝罪及び説明責任を果たすため、早急に方法を明確にし、実施すること。また、その実施後、議長へその概要を報告すること。
 2.厚木市議会議員として、公的行事には、今後3ヶ月間、出席を自粛すること。
 
8月10日のの臨時議会では、議員提出議案としてその問責決議が提出され、対象者議員本人も賛成の、全員賛成で、採択されました。

夜中のからすうり

私も、「議会の品位と権威」を傷つけないよう、心して議員活動に努めてまいります。



スポンサーサイト
  1. 2012/08/11(土) 16:15:33|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市議会臨時会、議長・副議長選など | ホーム | 平和パネル展開催中―67年前の事実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/895-da9c0cdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)