連休前半に韓国軍浦市へ

4月29日(日)から5月1日(火)までの3日間、海外友好都市訪問事業として、大韓民国京畿道(キョンギドウ)軍浦(クンポ)市へ行ってきました。議長を始めとして議員6名、議会事務局1名の計7名。

厚木市は平成17年に軍浦市と友好都市条約を結び、行政、議会、市民間の交流が行われています。
軍浦市は自然環境が豊かで、首都ソウルから南に約23キロ、国際空港の仁川空港や金浦空港からも近く、交通の要衝地であり、首都圏の中核都市です。そういうところは、厚木市と似ているのでしょう。面積は36.38平方キロメートル、人口二十九万人、3期目のキム・ユンジュ市長、市会議員はたった9名。
金浦空港からバスで行くと、マンション群が並び、道路わきでも大型開発が進行中という印象を受けました。

ソグノホテルの部屋からの景色
泊ったのは、お隣の安養(アニャン)市にあるソグノホテル。日本語の話せるスタッフがいるからの選択だそうです。着いた時は他のお客さんが誰もいなくて不安だったのですが、夜遅く観光客らしき団体さんが来ました。日本人ではありません。東南アジアの方かな。
朝食はバイキング、その場で目玉焼きを焼いてくれます。日本茶はありません。

4月30日(月)は公共施設等の視察。まず図書館です。
軍浦市には市立図書館が5館、そのうち最も新しいのが2008年にできた中央図書館。地下1階地上4階の広々とした約3万平方メートルに22万冊の蔵書、利用者は1日3600人とのこと。
市の案内の冊子には、最初のページに「With Book 読書の軍浦」「豊かな未来を育む美しい読書文化 読書の軍浦から、創作と批評の軍浦へ!」とあって、いかに読書に力を入れているかを感じることができます。
市長が市民への読書を進めているとのことで、この日は市長と昼食をともにしたのですが、その後には、市民のみんなに読んでほしい「今年の本」の選考があるということでした。
説明の中で、「テレビやコンピューターの代わりに、リビングを書斎に」といった内容がありました。通訳のジョンさんが「食卓の前の奇跡」と言っていましたが、食卓の前で親子で本に親しむ情景が浮かんできました。
市役所に行くと、玄関に入ってすぐ左右に読書コーナーが。左は子どもの本がたくさんあり、ボランティアが常駐して子どもを預けることができます。右側は大人の本、階段を上がった中2階は喫茶店のような雰囲気で、コーヒーも飲めます。貸し出しの本を読みながら!これには驚きました。

つつじ公園
その後、つつじ公園へ。ここをみて、厚木でも上古沢につつじ公園をつくったそうです。
十五万本のつつじが満開でした。通路のそばにはミニ・ブックカフェ。かわいらしい本棚に、本が入っています。いろんな場所で、本に親しめる環境をつくっているようです。
軍浦市長の読書への強い思いを、至るところで感じることができました。

本厚木駅近くのシティプラザにある厚木市立中央図書館は約5千平方メートル、蔵書は66万3311冊、1日平均の貸出者数は1021人。

図書館を見ればそのまちの文化レベルがわかるともいわれるほど、公立図書館の存在は重要です。
以前、東京都稲城市の図書館についての事業仕訳を傍聴しましたが、仕分け人の中から「平均よりこんなに多い図書館をつくる必要があるのか」といった質問が出されて、呆れたことがあります。政策のどこに重点をおくかはそのまちが判断することであろうし、文化的なことは数字で測ることは難しいものです。見えないものを見る力こそ、行政や議員にこそ必要なのではないでしょうか。
厚木市中央図書館では窓口業務を委託していますが、ワーキングプアをつくりだすことと併せて、図書館業務の継続性が持てるのか疑問です。

軍浦市では市長表敬訪問のあと、市議会も訪問しました。議員の方とは年齢やら選挙ポスターも含め市議の選挙の仕方や、議会のインターネット中継、議場でもモニター設置や審議の様子、一人に一室ある広い控室も訪ねながらお孫さんのことなどいろいろな話を聞くことができました。
対応してくれた職員の方とは、食事をしながら食料自給率(米は100%だが他は30%だそうです)、大統領や国会議員などの選挙制度や投票率のことなど、日本や厚木とは異なる部分に関心を持って話を聞くことができました。
議員になって初めての国外旅行ですが、やはり、現地へ行って自分の目でその様子を見るのは、本やテレビとは違って、実感を伴います。

統合管制室
その他にも、市内全域を防犯・交通・災害対策で24時間体制でモニター見る統合管制室を視察、韓国民俗村、ユネスコ世界遺産の水原華城へも行きました。水原華城では、おばあちゃんに日本語で話しかけられて、日本と朝鮮との過去の歴史を感じつつ、今後の発展に思いを馳せる友好都市交流でした。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/15(火) 16:36:19|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小刀百本 ― 百人一首 ― | ホーム | 総選挙はいつだろうか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/876-97e9e588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)