放射線等に関する副読本などを聞く―雪の日の一般質問

本日は厚木市議会2月定例会、一般質問の初日でした。
朝起きると、天気予報通りの雪。
遅れちゃいけないと、早めに出て、車で遠回りをしたら、なんと道は空いていた。
9時に始まり、昼は野菜たっぷりのおいしい弁当で腹ごしらえ。
緊張しつつ一般質問をいたしました。
大雪で、傍聴に来られなかった方が多かったようですが、足を運んでくださった方に感謝。
この様子は1週間ほどで、厚木市のホームページで見ることができます。
文部科学省の「放射線等に関する副読本」はおかしいことは教育委員会も認めました。

この日、雪の朝

登壇での私の発言

 平成24年はもう2ヶ月経ちますが、今年1回目の議会です。年の初めに多くの方がそれぞれの目標を立てたのではないでしょうか。
調和と言った人もいますし、決断と言った人もいます。
 私は昨年、「一日三食」という目標を立てましたが、3月11日の地震・津波、それに伴う福島第一原子力発電所の事故があり、それまであまりにも当たり前と思われていたことが、できないという状況になりました。
放射能が飛散して、安心して一日3回の食事をとることが困難となってしまいました。
 放射能の危険を、子どもたちに教えなくてはならない状況であるにも関わらず、文部科学省の「放射線等に関する副読本」は安全ばかりを強調したものになっています。そんなものを使って子どもたちが放射能から身を守ることができるでしょうか。

 また、一日3回の食事をとるには、それなりの収入も必要です。
そのためには働かなくてはなりません。
 総務省が発表した2011年の労働力調査によると、非正規労働者の割合は35.2%、男性全体では20.1%、このうちこれから結婚・子育てをするであろう15歳~24歳が49.1%、 女性は54.6%と過半数が非正規となっています。
 継続して安定した収入が得られない家庭や、ひとり親家庭が増えている現実の中で、市内で保育所に入れない乳幼児や学童保育を受けられない児童がいます。
 子育て環境日本一を目指す厚木市として、待機児童をどう解消していくのでしょうか。
 第180回通常国会で野田首相は、施政方針演説の中で、「社会保障と税の一体改革」を言い、安心して子どもを産み、育てられる社会をつくるためとして子ども・子育て新システムの構築を急ぐことを盛り込みました。
このシステムが本当に厚木の子どもたちにとってよい制度となりうるのか、特に待機児童解消について伺います。

以下は市長・教育長答弁

1、放射能汚染から子供を守るための取り組みについて
ア 文部科学省の放射線等に関する副読本について
 (ァ) どのように活用するのか。


教育長)副読本につきましては、各小・中学校において、児童・生徒の実態や発達段階等に即して、必要に応じて活用することとなります。
 特に、中学校の理科においては、新学習指導要領に基づいて、放射線について指導することとなっております。
 児童・生徒が学習意欲を高め、習得した正しい知識を実生活で役立つ力とするためには、副読本を活用して授業を行うことも効果的な手法の一つと考えております。

イ 野外活動における児童・生徒の安全確保について
 (ァ) 安全基準をどう設定し、どう対処するか。


教育長)本市の放射線量の安全基準に基づいて対処しております。
 各学校で実施する野外活動場所を始め、小学校の修学旅行先である日光市の主な観光地の放射線量につきましては、現地調査の結果、本市の基準を下回っております。
 教育委員会といたしましては、修学旅行の実施に係る情報収集を綿密に行い、引き続き各学校に対して助言していくとともに、状況の変化に迅速に対応し、児童の安全の確保に取り組んでまいります。

2、子育て環境について
ア 児童の放課後の安全について
 (ァ) 学童保育の現状と課題は何か。
 (ィ) どのような対策を考えているか。


市長)留守家庭児童クラブにつきましては、市内二十三小学校全てで、一時的余裕教室を活用し、公設公営で運営しております。
 核家族化・女性の社会進出など社会環境の変化等により、児童クラブへのニーズは増えている状況でございます。
 この様な状況を踏まえ、一時的余裕教室の確保及びプレハブの専用施設の設置により、受け入れ定数をふやすことと併せ、地域型の児童クラブの育成・支援に対する次補助制度も実施するなど、地域ぐるみで子育てを支援する体制づくりに努め、子育てしやすい環境づくりを推進してまいります。

イ 保育所の待機児童解消について
 (ァ) 現状と課題は何か。
 (ィ) どのような方策を考えているか。

市長)これまで、「保育所待機児童ゼロ戦略」により、認可保育所の新設や本市独自の「認定あつぎ保育室」の創設などにより、受け入れ定員の拡大を図ってまいりました。
 今後につきましては、少子化の推移を踏まえ、既存の施設を活用し、本厚木駅に近接する「認定あつぎ保育室」二園の増設や幼稚園と保育園の機能を併せ持つ「認定こども園」の開設などのより、受入児童数の拡大を測り、待機児童の解消に向けて取り組んでまいります。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/29(水) 19:00:00|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<脱原発で、賛成討論 | ホーム | 市民は厚木をどんなまちだと考えているか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/863-a5fea6b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)