一般質問で、原発撤退を求める

本日午後1時より、私の一般質問でした。
今回は、質問項目は唯一つ、原発撤退を訴えたのでありました。
初めは、市に対して、放射線対策を具体で求めようとしたのですが、どう考えても、それだけじゃあいかん、大本の原発について言わなくてはなくてはと、思ったのです。

以下は、私の登壇発言です。

2011年12月議会 栗山写真

 日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。
 11月下旬、高校生がA3版1枚の「どくしょボード」に読書会の成果を表現するコンクール「第2回どくしょ甲子園」の受賞作が決まりました。表彰式は12月10日とのことですが、最優秀賞は栃木県立大田原高校・斎藤チーム、取り上げたのは芥川龍之介の「藪の中」です。
藪の中で起きた殺人事件で、現場にいた3人がそれぞれ犯人は自分だと語り、犯人が誰かわからないという、真相は正に藪の中だという話です。
 小説の舞台は平安時代、書かれたのは90年程前のことながら、私は、古い話とは思えませんでした。

 最近のニュースでも、真相は藪の中かと思われるようなことがたくさんあります。
 11月中旬にハワイで開催されたアジア太平洋経済協力(APEC)でも、野田首相はTPPに関して交渉に参加するのかしないのか、出かける前も藪の中、帰国してからもさらに藪の中。
 また、原子力発電所について、玄海原発の運転再開に向けた住民説明会では九州電力やらせメール事件がありました。佐賀県知事がどう関与していたかについても、九州電力は藪の中にしようとしています。
9か月前に起きた福島第一原子力発電所の事故では、放射能汚染によって、多くの影響が出ています。
国民は今日食べるものに不安を感じながら、さらに、5年先10年先、あるいは20年先30年先にどんなことが起こるのか、不安な日々を過ごしているのが現実です。
 厚木市内でも、福島原発の事故の後、子どもを連れて避難したり、仕事で西日本に行けば野菜を買い込んでくるとの話も聞きました。
また、子どもの尿を検査したところ、放射性セシウムが検出されたとの声も届いています。

 福島原発から遠く400キロ離れている厚木でも、不安がこんなに広がっているのです。市民の安心安全を確保するために、市は様々な対応をしていますが、対症療法だけではなく、根本的な対応をしていかなくてはならないのではないでしょうか。そのために、厚木市がどのようにしていくのか、また、できることは何かをお聞きします。

大手公園の銀杏の木


質問をまとめます。

1、放射能汚染から市民を守る取り組みについて
  ア 放射能の影響と対応について
  (ァ) 現状と課題をどうとらえているか。
  (ィ) 地域防災計画へどのように反映させるのか。
  (ゥ) 今後の方向性をどう考えるのか。

  イ 原発に依存しないエネルギー対策について
  (ァ) 原発からの脱却を望む市民の声にどうこたえるか。
(ィ) 再生可能エネルギーを推進するための市の方策は。

以上です。よろしくご答弁をお願いいたします。

*市長答弁は、追記に入れていますので、そちらもご覧ください。


市長答弁です。

1、放射能汚染から市民を守る取り組みについて  

ア 放射能の影響と対応について
 (ァ) 現状と課題をどうとらえているか。
 (ィ) 地域防災計画へどのように反映させるのか。
 (ゥ) 今後の方向性をどう考えるのか。

 本市では、他市より厳しい基準を設け、定期的に空間放射線量の測定を行っているほか、給食用食材の検査や公園、保育所、教育施設等の砂場なども測定の対象としております。
 これまでの結果、小学校の二校で、本市に基準値を上回った地点がございましたので、除染をした後、再測定をし、安全を確認いたしました。
 今後につきましても、これまでの測定を継続するとともに、測定結果などの情報を公表し、市民の皆さまの不安解消に努めてまいります。
 さらに、今後の方向性につきましては、市民の安心・安全を最優先に、国の方針などを注視し、適切な対策を講じてまいります。
 また、厚木市地域防災計画への反映でございますが、放射性物質対策は、市内にある取り扱い事業者や放射性物質を積載し東名高速道路を通行する車両などの事故を想定しております。
 今回の福島第一原発事故やそのほかにも放射能による危険要因が想定されておりますことなどから、現在、国・県による見直し作業の動向を踏まえ、厚木市地域防災計画に反映してまいります。

イ 原発に依存しないエネルギー対策について
 (ァ) 原発からの脱却を望む市民の声にどうこたえるか。
 (ィ) 再生可能エネルギーを推進するための市の方策は。

 今回の東日本大震災に伴う原発事故を受け、原発の安全性については、様々な議論がなされているところでございます。
 こうした中、太陽光発電を始めとする再生可能エネルギーの利用については、有効な手段として考えており、さらにこれらの導入と普及を進めてまいります。

大手公園で赤い実が光っていました。



スポンサーサイト
  1. 2011/12/05(月) 20:01:38|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12月議会 反対討論 | ホーム | 12月議会、始まる。一般質問は12月5日。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/841-12a658e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)