雨の日のはしご車体験を見る

11月5・6日、にぎわい爆発フェスティバルが開催され、市内外からの人々でにぎわいました。

6日には市役所西側の駐車場で、消防署のイベント。
あゆコロちゃんが、火災警報器を取り付けようとの呼び掛けをしていました。
火災警報器

起震車やはしご車も体験できます。
私は起震車の体験はしたことがあるのですが、はしご車は見るばかり。
子ども対象で、保護者なら大人も乗れますとのこと。この時は雨が降りそうでしたが、雨が降ったら危ないから乗せないそうです。実際は雨が降っても、はしご車に乗るんですものねえと間抜けな質問をしたら、若い消防職員のにこやかな顔がきゅっと引き締まって、「もちろんです。現場ではどんな時でも。」と。そのきっぱりと答えた様子に、市民の命と財産が守られるのだなあと、安心と感謝の思いをさらに強くしたのでした。

はしご車体験
以前、事故で救急車が来るときに通りかかって、消防職員の皆さんの仕事を間近に見た事を思い出しました。

一人ひとりが、火事や事故を起こさないように気をつけ、災害に備えることも必要です。
また、地域で活動する消防団員も、募集しています。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/12(土) 19:09:27|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中心市街地活性を視察 - 鹿児島市 | ホーム | 直接民主主義と地方議会~市議会議長会研究フォーラム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/838-f302ef0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)