「原発ゼロ」へ向けた署名を!

日本共産党では、原子力発電の危険を35年前から訴えています。
福島第一原発の事故以降、ずっと原発反対を言ってきた日本共産党へ注目が。

不破哲三元日本共産党委員長の講義が評判です。パンフレットになりました。
「科学の目」で原発災害を考える

5月21日の毎日新聞、「近聞遠見」でも、「原子力への理解を深めるためにも不破講義の一読をおすすめしたい」とありました。

厚木の日本共産党では、6月5日(日)の午後、本厚木駅北口広場で、市民の皆さんへ、「原発ゼロ」へ期限を決めたプログラムを国がつくり、実行するように求めた署名をお願いし、議員団も、マイクを持って協力を呼びかけました。



この動画で行き交う人々は全く関心なさそうに見えますが、それでもいろんな方から、署名だけでなく義援金も寄せられました。
ありがとうございました。

スポンサーサイト
  1. 2011/06/08(水) 14:02:01|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<議員団、線量計を手に入れ、放射線量を測る。 | ホーム | 厚木市議選、立候補予定者事前説明会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/790-3749379a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)