市立小樽病院視察

10月10~11日、厚木市立病院の整備・運営に関する調査研究特別委員会で市立小樽病院の視察に行ってきました。
 これは病院玄関です。小樽市は少子・高齢化率が高く昨年から産科がなくなり、婦人科は医師一人のみ、小児科はあるものの常勤の医師は不在です。厚木病院では8月から産婦人科が休止となっていますが、小児科は常勤医師が4名います。日本全国どこでも医療機関は同じような苦難を抱えていることを実感しました。現在二つある市立病院を統合して小樽築港地区に移転を計画していますが、反対運動も起きてます。
 我が委員会でも移転も含め病院の整備運営について、これから論議していかなくてはなりません。特に小樽の新病院の運営が地方公営企業法の全部適用になる予定だそうですが、その件について質問をし答えをもらえたのは私にとっては大きな勉強になりました。今後の委員会に生かしていけるだろうと考えています。
_1.jpg

 帰る前に札幌駅近くのJR TOWER T38に行きました。
高さが137mの建物の中の眺望化粧室は建築家小林純子氏の設計で、これは障害者用からの眺望です。  
IMG_0285.jpg

 同じくこれは女性用の化粧室です。中央に手洗い場、2面に鏡が並んでいます。
IMG_0283.jpg

 駅前の大型スクリーン。本厚木駅前のスクリーンは厚木市の事業ですが、札幌のものは市営か民営か聞けませんでした。
IMG_0276.jpg

 ホテルの部屋の前に観覧車がありました。時間がなくて乗れなかった。 
IMG_0274.jpg

 札幌駅の土産店街でシャッターが閉まっているお店がありました。
ご存知”白い恋人”の石屋製菓です。今は”赤福”が話題ですが・・・。
IMG_0272.jpg

 私はあまり旅行をしませんが、議員としていくのは、個人で行く観光とは違い、何を見ても勉強になります。特に街づくりという視点で見ると面白いことがいっぱいでした。

にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ
スポンサーサイト
  1. 2007/10/15(月) 19:43:28|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<故郷にて | ホーム | 日本ブログ村に参加しました。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/79-e20aba2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)