本厚木駅南口で、住宅リフォームを語る

毎週月曜日は、本厚木駅頭宣伝。
5月9日は、他党の某国会議員が話していたので、南口に行きました。
私が通った時、彼は「ワカメ」の話をしていました。
釘丸議員が通った時も、「ワカメ」の話をしていたそうです。

そうなんです、3月から4月にかけては三陸沿岸一帯では「ワカメ」の収穫の時期。
今でこそ「ワカメのメカブ」は買って食べるものですが、かつては売り物にならなくて、漁師さんがあちこちの配るので、どこへ行ってもメカブを食べたものです。味噌汁に入れたり、酢醤油や生姜醤油で食べたり、漬物にしたり。好きだったのが、細切りのニンジンとピーマン、生姜と一緒に醤油に漬け込んだもの。作ってくれた伯母さんは、今も、行方不明です。
今年は三陸のワカメが市場に出回ることは、ほとんどないでしょう。

この日話したのは、震災と原発、それから、5月12日の臨時議会に出される震災対応の補正予算の内容。
今年度、住宅リフォーム助成制度が創設され、6月から受付開始となりますが、その執行を待たずに、同事業の増額をするものです。夏の節電対策に向けて、LED照明器具も対象とするというもので、130件・650万円増。
なんたって、この住宅リフォーム助成制度は、私が議会の一般質問で粘って、やっと実現したものですから特に宣伝をしたいのであります。市内業者限定で、地域経済活性化に効果があるというものです。
厚木市民のみなさん、どうぞ、この制度を活用ください。



にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ

スポンサーサイト
  1. 2011/05/13(金) 21:17:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<消防隊、被災地での思い | ホーム | 震災の救援募金、続けています。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/779-722bfb4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)