南毛利中学校北棟校舎完成式

2月26日(土)、厚木市立南毛利中学校で、新北棟校舎完成式がありました。
2年前、市内小中学校の耐震工事のために強度検査をしたところ、コンクリートの強度が不足していることがわかりましたが、耐震補強工事では安全が確保できないため、当時使われていた北棟校舎を取り壊し、新しく建て直すことになったのです。工事が完了、検査を終わり、今月16日、引き渡しとなり、県立高校後期試験の発表の翌日であるこの日、学校、建設、近隣など、多くの関係者を招いての完成式となったものです。

テープカット
テープカットをした中学2年生の男子が、入学した当時は、すでに北棟校舎は解体され、新築工事が始まっていたのでした。今の3年生が1年生の時に問題が発覚、そして卒業直前の2月、予定より10日程早やめての完成です。

校舎に入ると、木の香りがしました。教室の床や廊下の腰板は神奈川県産材を使っています。
日当たりのいい教室

黒板が上下します。上にはロールスクリーンも。
上下する黒板
板面は平らではありません。窓からに光で見えなくならないように。
曲面の黒板
近くで見ると、なんと、線が入っています。この1マスが、7.5センチぐらいだと思うんだけど。先生が、線や図形、グラフを描く時、大変便利です。
線が見えますか

後ろには、カバンなどを入れるロッカー。従来より、大きくなっています。当時の校長先生が希望したものだそうです。
大きいロッカー

階段の両側に手すりがあり、段差もはっきりわかります。
階段を下りる途中

廊下の端が丸くなっていて、とても優しい感じがします。
校舎の両端

渡り廊下には、お雛様。生徒の作品もありました。
渡り廊下のお雛様

北棟校舎の耐震不足のことでは、様々な批判もありました。
子どもたちも、多くの不便がありました。
でも、市が、子どもたちに、安全をしっかり確保していくのだということは伝わったのではないでしょうか。
何事かが起きた時に、どう対処するかが、大事だということも、学べたのではないかと思います。

いろんな立場での、いろんな人の思いが伝わった完成式でした。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/26(土) 20:37:25|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月議会始まる | ホーム | 講演「TPP参加は国民生活に何をもたらすか」と映画試写会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/762-1db973c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)