啄木が、議会を罵った?

2010年は、石川啄木の歌集「一握の砂」発刊(1910)から100年でした。

例年、お正月は百人一首をするのですが、今年はちょっと気分を変えて「啄木かるた」で遊びました。
もう二十数年前に、私が20代前半のころ、盛岡駅か新花巻駅かで購入したものです。
かるたの箱

私が読み手になりました。ある歌で、皆が笑いだし「創作じゃないのか」と疑うのです。
議会を罵った歌
議員になる前は気にしたこともなかった歌ですが、状況によって、感じることが違うものですね。

カルタ取りのあと、息子がコンパスで円を描いて、弦に合わせて、カルタを並べだしました。
かるたが円盤状に
二重の円盤になった

いろんな遊び方があるものだと、妙に感心した次第です。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/06(木) 13:00:53|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木市出初め式、「消したかな」 | ホーム | 廃食用油の回収、始まる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/738-cf3cd0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)