B-1グランプリ、大盛況

9月18・19日の2日間、厚木市内で
第5回 B級ご当地グルメの祭典!
   B-1グランプリ 
が開催されました。

 北海道から九州まで、ご当地の日常食べている料理が一同に会するのですから、楽しいこと・おいしいこと間違いなしのイベント。
厚木での開催が決まってからというもの、実行委員会は前倒しで人員を増やし、傍から見ていても心配するほど、一生懸命でした。
無事に終えることができて、本当に良かった。関係者のみなさん、お疲れさまでした。

 当初の予想は30万人と言われていましたが、連日の派手な報道の影響もあってか、43万人とか。昨年の秋田県横手市で26万人なのですから、厚木は30万人を超すのではと思っていましたが、天候も幸いし、見込みを大幅に上回る来場者がありました。
開会式、参加46団体がステージに!

当日は、早朝から中心市街地の放置自転車の撤去作業もあり、来厚者のみなさんに、気持ちよく過ごしてもらえるような努力を、あちこちで見ることができました。
ミストも設置。人気スポット。

9時半の開会式には、東名が渋滞していて遅くなった知事もなんとか間に合って、「初めての首都圏開催で、40万50万人が来場するのでは。これから厚木は「厚木」でなく「熱気(あつぎ)」と書くことになるでしょう。」という冗談も交えての挨拶でした。

初日の朝は、8時から警備のおじさんたちが、地図を片手に緊張の面持ちで各所に立っていました。
2日目は、さすがに慣れた様子で、人の流れをさばいていました。人の流れも、数は大変多いのですが、皆、穏やかでとても良い雰囲気なのです。
テントの中も満員に
会場では、長い行列になっていますが、待ち慣れているのでしょうね、やはり落ち着いていて、待たされて文句を言う人も見かけません。食べている人に声をかけると、皆、嬉しそうに返事をしてくれるんです。「おいしいですよ。」。
終了後の片づけも大変です

夕方、電車に乗ったらば、B-1帰りの人がたくさんいました。声高でなく、それぞれが楽しそうに話しているんです。
普通のお祭りより、穏やかで、和やかな雰囲気なんです。

つくづく思いました。「食が足りる」って、人間にとって大事なことだなあと。

先日、世界の飢餓人口が若干減ったとの報道が、あったばかりです。
国内では、まだ、食が足りずに切ない思いをしている人がいます。
「おにぎりが食べたい」と思いながら亡くなる人がない社会をつくっていかなくてはと、改めて思いました。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/20(月) 15:40:19|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<決算審議、ひとまず終わる | ホーム | 中学校の給食試食会、きつねうどんを食べる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/697-f6d35b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)