厚木市議会9月定例会 8月27日①

8月27日(金)、厚木市議会9月定例会が始まりました。
議長や委員会の委員が変わって、初めての定例会です。
その初めの部分の概要を紹介します。

報告
平成21年度決算に基づく厚木市健全化判断比率について


釘丸議員 3年が経過。この間の推移をどう見るか。
財務部長 法に基づき3度目だが、いずれも良好な数値である。数字合わせでなく、必要な住民サービスは何か、縮減できる行政サービスは何かを検討し、必要な対応をしていく。
釘丸議員 今将来負担比率はマイナスになっているが、今後は病院や斎場など、ビッグプロジェクトがある。
部長 大きな事業が控え、起債していく。必要なものはやるが、過度にならないよう、バランスを加味しながら対応していく。
サービスエリアの花壇

議案
平成21年度一般会計決算、特別会計決算、病院事業会計決算について


奈良議員 経常収支比率は見込み通りか。改善の余地はあるか。
財務部長 弾力性との関係ということだが、特に問題はないと考える。人件費と公債費は減少傾向にある。
奈良議員 市長交際費は100万円を切っている。改善され公開もされているので、特に資料として出さなくてもいいのではないか。
釘丸議員 税収減の要因をどう考えるか。債権回収担当ができた。
部長  企業業績が落ちて、市税全体で88億円の減収だった。取組としては現年課税に軸足を置いて滞納繰り越しを抑えるなどの強化の一方、コンビニ納付など、納税しやすくした。
釘丸議員 企業誘致条例により固定資産税減免がされる。また、雇用促進はどうなっているか。
産業振興部長 21年4月に企業立地条例としてリニューアル施行。3社36名の雇用があったが、雇用奨励金は1年経過後になるので、まだ適用されていない。
奈良議員 教育委員会で、絶対評価になっているが、前年度の成績との比較評価できるか。高校入試の課外活動のポイントは市で把握しているか。
学校教育部長 中学3年生の評定は年度末に県に提出する。各高校での入試に当たってのポイント方法は市では持ち合わせていない。

この次の議案は、自治基本条例についてです。その様子は、あしたのブログで。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/28(土) 12:05:57|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月議会初日8月27日② 自治基本条例について | ホーム | もしも、指輪が抜けなくなったら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/685-d501acda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)