8月9日は野球の日だが、長崎原爆投下の日でもある

昨日は8月9日で、野球の日。甲子園では熱戦が繰り広げられています。
スポーツを楽しめるのも、平和であればこそ。各地で、平和を願う人々が、活動しています。

そして、8月9日は、長崎に原子爆弾が落とされた日です。それから、65年が過ぎました。
もう2度とそんなことがあってはならないと、平和を願って活動をしている人々がたくさんいます。

8月7日は「あつぎ・九条の会」の妻田地区懇談会がありました。
映画「昭和と戦争」赤紙が来る日 挙国一致・進め皇軍 の鑑賞。
あつぎ・九条の会 妻田地区懇談会

内閣が機能せず、軍部が実権を握ってしまった当時の様子。武力で問題を解決することはできないことを改めて感じました。
私が強く印象に残った場面があります。戦争で手や足を失った兵士たちを集めて、農業指導をしている場面です。義手・義足の元兵士だけで、稲作作業をしているのです。こういうことがあったというのを、初めて知りました。
映画の後、懇談とクイズもあったのですが、都合で、それまでいることができませんでした。みんな、どんな感想を持ったのでしょうか。

日本共産党厚木市議員団は、8月9日、平和を訴えながらの市内宣伝を行いました。
宣伝している私

           田んぼの鷺も、平和を望む

今年、核兵器を所有するアメリカやイギリス・フランスからも平和祈念式典に参加がありました。国連の事務総長も初めての参加です。核兵器廃絶が世界の流れとなって広がっているこの時に、日本では、首相が「核抑止力は必要だ」との発言。相変わらずの発言だが、こんな人が首相でいいんだろうか。
被爆者の思いを逆なでし、時代の流れの逆行するようでは、日本の将来が心配でなりません。
参議院選で争点ともなった、沖縄普天間基地の移設問題では、国民のことよりアメリカを向いていると思いましたが、今回の発言は、一体どこを向いているのでしょうか。このままでは、日本が孤立してしまいます。

一人ひとりが、小さくてもいいからできることをしていく、声を出し続ける、行動し続けて行くことが大事です。
スポンサーサイト
  1. 2010/08/10(火) 10:15:48|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<専用の長いトンネルを抜けると、「もんじゅ」だった | ホーム | 相模川クリーンキャンペーン、石に名前が書いてある>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/678-c22f737d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)