あつぎ鮎まつり、花火大会で、まんじゅうを1個食い損なう

8月7・8・9日と開催された、厚木市最大のお祭り、県央地域では最大の花火大会。
一万発の花火ということで、市内はもとより、県内県外からも多くの来厚者を迎えてのあつぎ鮎まつりが終わりました。

7日(金)は前夜祭。厚木青年会議所が手を引いたので、市民からは「今年は前夜祭が無いんでしょ」などとも聞かれましたが、ちゃんと開催されましたよ。

8日(土)の夜は、メインの花火大会。以前花火を河原で見た人から、だいぶ大変だったとの話を聞いていたので、行ったことは無かったのですが、今年は、議員1期目の最後の年であり、現場も経験しなくてはと腹をくくり、思い切って行ってみました。花火大会には毎年、友好都市・横手の議員団等が来厚し、ご一緒に観る事がありますが、今年は、当番(?)では無かったので、そのうえ、たまたま家族が、皆、外泊という大変珍しい日でありました。

ゴーヤの花

釘丸議員を誘って、浴衣を着て、凍らせたお茶をもち、会場に行く途中で、干瓢のノリ巻きと稲荷寿司のセット、焼き鳥に焼きイカ、それにビールを釘丸さん用に1本だけ購入。その日某人から頂いたまんじゅう3個も持って、会場へ向かう。

この、まんじゅう、2人で3個なので、一人1個ずつ食べたら3個目でケンカになるだろうから、最初に1個を半分にして食べて、そのあとで、ゆっくりそれぞれ1個ずつ食べようということにして、会場で半分ずつ食べたんです。ところが、前の席に渋沢から今日来たという小学3年生の男の子がおじいちゃんと二人できていて、、、結局、2個はその2人にあげたので、1個半ずつ仲良く食べる予定のまんじゅう3個を、4人で食べたのでした。
まんじゅう、こわい。

音と光に包まれて、会場いっぱいの人が花火を鑑賞する様子は、想像以上に素晴らしいものでした。
今度は、家族とも一緒にいきたいな。

スポンサーサイト
  1. 2010/08/09(月) 08:49:14|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<相模川クリーンキャンペーン、石に名前が書いてある | ホーム | 福井で学ぶ、地域住民主権>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/676-8efc390b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)