6月議会 一般質問でのやりとりです

 厚木市議会6月定例会での私の一般質問は、6月4日(金)の9時から行いました。
 登壇と市長答弁はすでのお知らせしていますが、自席に戻っての一問一答を含めた、全体のやり取りの概要です。 
 全てを見るには、厚木市議会インターネット中継をご覧ください。約50分間です。

旧厚木恵心病院跡地について
旧厚木恵心病院の建物

栗山 病院は廃止したときに土壌調査をすることになっている。
河川緑政担当部長 医療法の廃止届はしているが、
   特定物質使用事業所の廃止に伴う土壌調査は行われていない。
栗山 医薬品も該当するものがある。市としてどんな調査をするのか。 
部長 条例に基づく条例に基づく25項目すべてを調査することになる。
栗山 土地の測量と土壌調査、及び解体工事はどうするのか。
部長 測量に150万円、土壌調査に650万円、解体は8500万円。
   まず土壌調査。分析に2カ月近くかかるだろう。
   その間に、1階の床部分までは並行して解体を進める。
   更地にするには、土壌調査結果の状況を見て行かなければならない。 
栗山 安全を確認したうえで次の作業に入ることになる。
   仮に防災機能を備えた公園となると、用地取得、区域の線引きなど、
   相当の時間がかかる。更地になってからの当座の活用と、
   都市マスタープランにあるものとがあるが、公園も含め、
   地域の方の意思を尊重していただきたい。

        青い柿の実

住宅改修工事助成制度

栗山 全国区で限定的でない住宅改修への助成が広がっている。
   厚木市でも、経済対策として実施してはどうか。
厚木市長 現在、様々な観点から住宅改修の助成を行っている。
   これらの普及啓発を図り活用してもらう。
栗山 岩手県宮古市の例がある。20万円以上の工事に
   一律10万円の助成で、3月議会に5千万円の予算。
   2週間でいっぱいになり再び5千万円、
   さらに6月議会で1億5千万円、
   計2億5千万円の助成を行っている。
   件数でいえば2500件になる。工事金額は平均50万円との事で、
   5倍の経済効果、当然、受注は市内業者。時限立法でもできる。
   厚木市でも考えられないか。
まちづくり計画部長 縛りを設けないで助成することについては
   様々な課題、問題点があり、影響も大きいことから、
   現行制度の一層の定着化を推進すべきであると考える。
栗山 難しいと言いながら、できたことはいろいろある。
   小児医療費助成は、最初は全く歯牙にもかけられなかったが、
   市民の声を聞きながら、今年度小学校卒業までに拡大した。
   できるかできないかは、行政、
   あるいは市長の判断という部分もある。ぜひ検討を。

       むくどりかな。電線に大群がとまっていた。

国民健康保険

栗山 現在、厚木では保険料のある賦課方式に資産割がある。
   他自治体でも、資産割をなくしている。
   厚木市でも、資産割は廃止の方向で当然かと考えるが、
   いつ結論を出すのか。
市民健康部長 今後数回の運営協議会を行い、
   来年1月ごろには結論を出したい。
栗山 とすると、来年度には、賦課方式が変わることになる。
   資産割の廃止にあたり、低・中所得者層の保険料負担が
   大きくならないような方法で進めてほしい。
   国保料は30年前と比べると、ほぼ2倍になっている。
   国の負担割合が減ると保険料が上がる、
   滞納世帯が増えるとさらに保険料が上がるという悪循環になる。
   市として、国に要望を出しているか。
部長 5月に「国民健康保険において財政運営が大変厳しい。
   国における十分な財政措置を講ずるように」と出した。
栗山 厚木市の場合、4人家族、資産なし、介護給付金分が賦課された
   所得200万円の世帯で27万1500円だが、
   保険料プラス医療費は大変な出費だ。
   医療を受けられず命を落とすようなことのないような施策を求める。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/14(水) 09:26:31|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恩曽川、玉川、小石川。連日の川歩き | ホーム | ご存知ですか?―横断歩道の渡り方とぶたはしゃべる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/665-ede6569c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)