星に願いを ― いろんな願い

 7月7日の七夕を前に、いろんな七夕飾りがあちこちに。
 
 厚木では、消防本署の玄関にも、かわいらしい七夕飾り。近所のもみじ保育園の子どもたちが折り紙で作った織姫彦星や、願い事を書いた短冊がたくさん釣るしてあります。
園児の七夕飾り

 上を見上げると、一風変わった飾りが。
 6mの竹に、大きな警報器がついています。
署員の作った警報器飾り
 この警報器、署員のみなさんがベニヤと段ボールで作った直径90cmのもので、「住宅用火災警報器は早めに設置しましょう」、「安心して暮らせる災害に強いまちを」と呼び掛ける短冊がついています。

 竹の根元は、40kgの土嚢が6個で抑えてあります。さすが消防署。
土嚢ガたくさん

 先日は平塚の七夕まつりに、神奈川選挙区の女性候補者が浴衣姿で、市民や観光客に支持を訴えました。
 消費税については仕方がないという人も結構いますけれど、大企業減税とセットになった消費税の増税なんてとんでもない。対話をすると、「知らなかった」と言う人がほとんど。
 マスコミは都合のいい情報しか知らせないのです。日本のマスコミは、財界には逆らえませんからね。財界言いなりの政治を変えていかなくては、庶民の暮らしは、ますます厳しくなるばかりです。
 企業・団体献金を一切受け取らず、財界・アメリカに、はっきりものが言える政党へ、願いを託しましょう。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2010/07/05(月) 15:20:33|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ご存知ですか?―横断歩道の渡り方とぶたはしゃべる | ホーム | 小学3年生の市役所・議場見学>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/663-ec06e309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)