市民福祉常任委員会 陳情②子ども手当

市民福祉常任委員会での陳情2件目は、

「子ども手当に反対する意見書を国に提出することを求める陳情」

神子議員 問題が多い。所得制限も無く、財源も確保できていない。
      景気対策ではなく子育て支援のはずだったが、
      現金支給であり、何に使われるかわからない。賛成。
齋藤議員 対象者の数は?給食費、保育料等の未納に充当するのか?
子ども家庭課長 17,962人。未納への充当は市では検討していない。
      子ども手当は該当者全員に支給せざるを得ない。
      滞納については本人の同意が必要。今後、検討。
松前議員 財源等問題はあるが、議論中である。推移を見守る。
      教育費などで一定のメリットがあり、市は子育て日本一を目指している。
      反対。
栗山   財源問題、外国籍、日本在住など、多くの問題があるが、
      子ども手当に反対では、児童手当まで、否定することになってしまう。
      今後の国の審議を見たい。
小島議員 神子議員と同じ。賛成。
山口議員 ありがたい制度だが不備がある。賛成。
齋藤議員 国内に住所を有すれば受給資格がある。厚木市で、該当するのは?
子ども家庭課長 外国籍でも、親が日本在住なら、子が外国在住でも支給される。 
      父が単身赴任で外国在住でも、母が申請できる。
      判断が難しいケースなど、国の細かいマニュアルがある。
      国の条件は大変厳しいものになっている。
川口議員 さまざまな問題があった。
      来年度以降の支給額、所得制限など確定せず、判断は難しい。賛成。

花が見えますか?

 子ども手当に反対する陳情なので、採決では、
 賛成というのは子ども手当に反対。
 反対は、子ども手当に賛成 ― ということになります。

 賛成  小島議員・神子議員・山口議員
 反対  齋藤議員・松前議員・栗山議員

 可否同数。委員長が賛成で 採択されました。
                 

      

      
スポンサーサイト
  1. 2010/06/12(土) 18:59:45|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<市民福祉常任委員会 陳情③人権侵害救済法案 | ホーム | 市民福祉常任委員会は、陳情5件 ①夫婦別姓>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/653-57439317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)