はたのさん、事務所開き

 昨夜は、横浜で「はたの君枝事務所開き」がありました。
 
 民主党政権初代首相が、「国民が聞く耳を持たなくなった。ヒヨドリが帰って来いと・・・。」と、政権から逃げ出して、新しい首相に変わりました。
 内閣の支持率が急上昇してはいるけれど、普天間移設問題での日米合意は引き継ぐ、消費税の増税と法人税引き下げのセットも変わらずでは、国民の生活がどう改善されるというのか。

 トップの顔を変えてもだめだったのは、旧自公政権で何度も経験してきたはずなのに。

 対米従属から自主独立に、大企業優先から国民の立場に変えなくては、どうにも変りようがないではないか。

 アメリカにも、大企業にも、はっきりものが言える党が伸びなくては、国民の立場で政治を前に進めることはできません。

 日本共産党では、神奈川で、はたの君枝さんが議席を目指して頑張っています。
 県内の地方議員も、6月議会の活動とともにに、はたの君枝さんを国会に送り出そうと、皆、頑張っています。
県内地方議員,はたのさん勝利を誓う

事務所開きの後、はたのさんと、比例の候補・岡崎裕さん(ゆたか・32歳・男)と一緒に。
候補者2人とともに

 議員になる前は、嫌いなものが「一番は写真、2番は鏡」だったのですが、もうそんなことは言っていられなくなりました。
 自らの容貌も顧みず、皆さんに日本共産党への支援を訴える日々であります。
スポンサーサイト
  1. 2010/06/08(火) 17:08:57|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<市民福祉常任委員会は、陳情5件 ①夫婦別姓 | ホーム | 統計の数字に表れない事象>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/651-c1673c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)