フードバトルで、市民が活躍

 5月4・5日、神奈川フードバトルinあつぎ厚木中央公園と市役所駐車場を会場として、開催されました。
 9月開催のB‐1グランプリのプレイベントということもあり、厚木市としても力が入ります。

 市内外からの多くのボランティアの皆さんの力が集まりました。
 朝、早くから、あちこちで打ち合わせをしています。
 小中学生、高校生も、会場と周辺のゴミ拾いなど。小学生のボランティア
青年たちも打ち合わせ。開会前の打ち合わせ
 シロコロ・ホルモン探検隊の中村隊長は、「おれは47歳だ!」と若い皆さんと打ち合わせ後、開会式の会場へ。テレビ等の取材もあり甲冑を着るけれど、暑いのだそうです。
開会式会場に向かうシロコロ隊長

 初日の10時前にはすでにシロコロに約300人が並び、開会は10時5分前に繰り上げ。どんどん人が増えてきます。
 2日目も、やはり長い行列ができ、30分繰り上げて、9時半スタート。この臨機応変に感心。
中央公園の人出

 本厚木の駅から、一番街を通ると、放置自転車。いつもより、乱雑に置かれています。
 車いすの方はずいぶん歩きにくそうでした。
一番街の様子

 一番街から、市役所方向へ曲がると、にぎわい処。天気もいいし、のどが渇いて、ちょっと休憩。冷た~いお茶を、1杯のつもりが、もう1杯。私たちの他にも、入れ替わり立ち替わり、市民が立ち寄っていました。 
 職員の皆さんの顔を見ながら、ちょっとしゃべりながらのひとときを楽しみ、ごちそうさまでした。
にぎわい処で一休み

2日間で、800個以上にもなるボランティアの皆さんの弁当は、市役所の地下にある食堂で配布します。学校教育部長が黒いスタッフTシャツに白いタオルを首に巻き、照れた様子で、準備OK!
スタッフ用弁当配布場所

 市役所正面玄関前では縦3.5m×横4mのパネルに模造紙16枚を貼り、名刺ホルダーに2,500人の顔写真を入れてつくった子どもの大きな笑顔。
4日の午後
5日の午後、完成!

 表彰。特別賞には「愛甲三郎豆腐でんがく」。
 金賞:なつかしい給食あげパン。出品した(株)オギノパンは、厚木市の給食のパンもつくっています。先日も、他の業者さんでちょっとトラブルがあった時に、すぐ対応してくれたばかりです。受賞後の弁の中で、「厚木の子どもたちがお得意様、感謝」そして「表には出ないけれど、このために夜遅くまで17000個つくってくれたスタッフに、油まみれ、砂糖まみれになったスタッフ、金券を数えたスタッフに感謝」とも。
銀賞:てるてラーメン
銅賞:厚木バーガー

講評では、「地産地消が言われている。食育も大事である。伝統の料理や工夫を凝らしたものがある。地元の食材を使った地域おこしを。」との言葉がありました。

 2日間、事故も無く、渋滞も無く、お天気も味方して、来場者は11万人。
「厚木を元気に」という思いを行動に移した、本当に多くのボランティアの皆さんの力です。

 9月18・19日のB-1グランプリも、いい天気に恵まれますように。

スポンサーサイト
  1. 2010/05/06(木) 12:05:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自転車やバイクは、駐輪場にね。 | ホーム | メーデーで警報器が!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/633-334e563b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)