中津川大橋あたり、県道・市道が開通

 3月28日(日)の11時30分からは、「県道42号線(藤沢座間厚木)座間荻野線」と市道「中津川左岸堤防道路 関口才戸橋線」の開通式。
会場は、長坂立体と中津川大橋の間。
長坂立体の上から
 
新しく道路をつくるときは、地権者の協力が必要です。ここでは、54人の地権者のみなさんの協力により、開通にこぎつけました。
地域のみなさんも大勢参加し、テープカットの前に記念撮影です。
報道陣や市民

午後3時の開通前ですから、自由に歩いてもいいということで、もう二度と歩けないであろう車道を歩いてみます。
車道を歩く人々

この長坂立体の上にも、道路が通っています。公園もあります。
開通前なのにトンネル内にトラックがありますが、イベント会社の車です。開通式で、県や市の職員でも、地元でもなさそうなお兄さんがいると思ったら、イベント会社の方でした。
立体交差の下

これまで、遠回りをしたり、渋滞だったりしたのが、ずいぶん解消されるとのことで、地元の方が喜んでいました。
開通式の来賓あいさつでおもしろかったのが、県議会副議長。「「コンクリートから人へ」と言われているが、地方の活性化のためには、コンクリートも必要だ」と話しました。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/30(火) 11:43:21|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春、はたのさんと一緒 | ホーム | 広町公園が開園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/619-b6be3f31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)