核兵器廃絶と恒久平和実現の意見書を

平成22年(2010年)2月5日付けで、
平和市長会議長 広島市長 秋葉 忠利 氏と同副議長 長崎市長 田上 富久 氏の連名で 厚木市議会議長に文書が届いています。

核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書の決議について(お願い)

謹啓 立春の候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、広島市と長崎市が主宰する平和市長会議(国内570都市、国外2,992都市加盟)では、2020年までの核兵器廃絶を目指す「2020ビジョン(核兵器廃絶のための緊急行動)」を策定し、その具体的な道筋を示す「ヒロシマ・ナガサキ議定書」を発表しています。
 現在、この議定書が本年5月のNPT再検討会議において採択されるように、日本政府に対して積極的に働きかけるとともに、世界の加盟都市による賛同署名活動や各国政府への協力を求める要請活動等を通じて、議定書への参道の輪を広げる取り組みを行っています。
 こうした中、全国の自治体議会におかれては、議定書に賛同され、地方自治法第99条に基づき、核兵器の廃絶と恒久平和実現に向けた意見書の決議が行われています。これは、国会及び日本政府に対して強い働きかけとなるとともに、核兵器廃絶に向けた国内外の機運を高めるものです。
 つきましては、貴議会におかれましても、ぜひとも同趣旨の意見書を決議いただき、NPT再検討会議において、日本政府が核兵器廃絶に向け主導的な役割を果たすように、国に対し働きかけを行っていただきますようお願い申し上げます。      
   (以下省略)
 満開の梅の花

 
スポンサーサイト
  1. 2010/02/20(土) 17:51:28|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3月1日の一般質問 | ホーム | 一般質問、通告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/603-f8006c3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)