厚木市立小中学校のパソコンの台数は?

 厚木市には、23の市立小学校と13の市立中学校があります。

小学校の児童数は  13,031 名    学級数 458
中学校の生徒数は   6,077 名    学級数 196
 合 計         19,107 名         654

 教職員は 小学校 680 名、中学校 394 名  合計 1,074 名

 これに対して、先生方の使う校務用のパソコン台数は 679 台。1台あたり先生1.58人になります。子どもたちが授業で使うパソコンの台数は 1,016 台。

IMG_6173.jpg

 先生が「わかる授業の道具」としてパソコンをどんなふうに使うかというと、たとえば国語では朗読。俳優・渡辺謙さんの読む、椋鳩十作「大造さんとガン」を教室の緑の黒板に映し出して、鑑賞。画面の大きさは、90×120㎝。先生が自分で教材を作ることもあるそうです。各学校1名の情報教育研究部会で、情報交換もしながら、使い方を研究しています。

 子どもたちは、PC教室で、「情報活用能力の育成」。インターネットで調べものをしたり、デジタルカメラ(各校6台以上)を使ってデジタル紙芝居を作ったりと、いろいろな学習に利用しています。
IMG_6175.jpg

 私が子どものころと、なんて違うんだろう。でも、考えてみれば、研修に行くと、どこでも、パソコンを利用してるものね。小中学校で、ICTが進むのは、当然か。
 人間関係が希薄になりがちな現代も、進んでいく?
 「滅びゆく思考力」という本を何年も前に読んだけど...。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 10:54:50|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あつぎ・9条の会、「日本の青空」上映会 | ホーム | イチロー9年連続200本安打、の影響>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/522-65a9a4ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)