指定管理者、破産手続きで、ふれあいプラザが一部休止

 9月25日(金)、厚木市ふれあいプラザの指定管理者であった(株)東宝クリーンサービスが、経営不振で破産手続きを開始。9月30日付けで社員に解雇通知。スタッフにとっても突然のことであり、不安はいかばかりかと思います。
 市は条例に基づき、26日、指定管理者の取り消しをしました。
 これに伴い、プールや浴場が利用できなくなりました。昨日は100人以上の市民が利用できずに戻るという状況でした。
IMG_6191.jpg

 先ほど、現地をみてきました。普段の土日には、利用者でにぎやかなロビーも閑散としています。各種講座などの自主事業ができなくなり、自由に使えるようになった大広間では、数名が食事中。和室では囲碁・将棋を楽しむ人の姿がありました。
IMG_6190.jpg

 指定管理者制度には、原則反対の立場の私達日本共産党厚木市議員団ですが、昨年12月に、ここを含め、3件の指定管理について問題を指摘しながらも賛成したことが、大変悔やまれます。
 市では、今後も指定管理を広げる動きがみえますが、自治体施設が突然閉鎖になるなどといったことは、起こすべきではありません。また、目に見えない形での住民サービスの低下等が起きないよう、しっかり、見ていかなくてはならないとの思いを、新たにいたしました。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/27(日) 16:26:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<イチロー9年連続200本安打、の影響 | ホーム | 小学校の運動会>>

コメント

自主事業ができなくなり、自由に使えるようになった
大広間・・・この表現はどうでしょうか?

教室に参加してくださるお客様も一市民ですよ
  1. 2009/09/30(水) 01:26:27 |
  2. URL |
  3. 元スタッフ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/519-5ff899f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)