地域の敬老慰安会で

私の住んでいる恩名地区では、毎年敬老慰安会が開かれています。手作りのお昼をはさんで、午前午後と、地域の芸達者の皆さんが実にいろんな出し物をして賑やかに楽しく、敬老会をします。

オープニングは乙女ダンサーズならぬ、恩名パワフルタウン。
 IMG_6150.jpg

 確かこの方は、ついこの間まで4丁目の自治会長。「瞼の母」をセリフ入りで、大熱演。こんなことをする方だったとはつゆ知らず、、、。
IMG_6153.jpg

 福寿会(しあわせクラブ)15名のおどり、「ひばりのマドロスさん」。ベルトまでおそろいで。公民館の備品ではないそうです。 
IMG_6154.jpg

 厚木の「ハーモニカの父」とも言われる大矢博文さんの「ハーモニカで歌う 昭和の歌謡史」。いきなりフーテンの寅さんの曲で、生まれも育ちも厚木であると、子どもの頃の話をおりまぜながら、懐かしの曲を繰り広げます。国定忠治やみかんの花咲く丘、月の砂漠、鐘の鳴る丘などなど。最後に異国の丘、ハーモニカで場を作ります。
 参加者からは「懐かしい曲だね」の声が聞こえてきます。皆さん、メロディーを聴くと歌詞がどんどんでてくるようで、大矢さん、「吹き始めたら皆さんが歌ってくれるので、楽ですね」と。ハーモニカを吹いてる大矢さんしか知らなかったけれど、こんなに語りが面白いとは。
IMG_6155.jpg

 地域の力を感じます。
 本当は、お昼も食べて、最後まで見たいのはやまやまなれど、残念ながら、迎えが来てしまった。私は決算委員会の委員ではないけれど、議会中なので、日本共産党議員団として、いろいろ準備をしなくてはね。
スポンサーサイト
  1. 2009/09/22(火) 18:58:50|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小学校の運動会 | ホーム | なぞなぞも、時代だ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/515-90b7f25f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)