はたのさん、本厚木駅での訴え 09.8.1

 本日午後4時から、衆議院比例代表予定候補のはたの君枝さんが、本厚木駅北口で、日本共産党の政策を訴えました。道行く人々に、これからの日本は、どうあるべきかを、厚木の日産テクニカルセンターの派遣切りの裁判のことを情感込めて話しはじめました。
 そこから、現在の日本の経済、福祉などの状況と、今後進むべき進路を、語りました。
はたのさn

 この日は、3時半から。
 青年が派遣切りの実態、業者の中小業者が経営が成り立たなくなっている苦しさ、女性からは消費税の問題、そして、釘丸議員は、厚木市政と国政との関連など、それぞれの立場での困難について、切々と話します。通行中の人々に、しんぶん赤旗(日曜版)と、チラシを配りながら、日本共産党への支援を、求めました。    私は、今日も、進行担当。

 業者の、お母ちゃんたちの横断幕です。
民商 後援会

 今月30日が投票。これまで以上に関心が高く、始めた途端に、「共産党の政策は?」などと話しかけてくるひと、夫が派遣切りにあい、大学・高校生の子の学費をどうしていくか困っている人、などなど、多くの人に、声をかけられます。ちょっと話を聞いただけで、現在の日本が、安心して生活できない社会になってしまったのだと思わせられます。

 国民が主人公の希望ある社会にかえるため、ぜひ、日本共産党を、伸ばして下さい。

 明日の午前中は、むねたさんが、来厚。私は、アナウンサーです。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/01(土) 18:52:23|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<駐車場のそばにある、緑の物 | ホーム | 暑い中、消防団の大会です>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/485-72352ae5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)