コスモシアターでオリオンに座る

  厚木市子ども科学館のプラネタリウムが、改装工事を終え、
   コスモシアター  として、再開。

 これまで6500個の星が、一挙に500万個に! メガスターⅡに変わりました。

コスモシアター メガスターⅡ

 また、プラネタリウムだけでなく、多目的な貸ホールとしても市民が利用できることになります。

 7月18日(土)の午前10時から、オープニングセレモニー。
 まず驚いたのが、椅子一つ一つについている星座名。五十音順になっていて、アンドロメダから始まって、いっかくじゅう、 いて、 いるか、 インディアン、 うお、 うさぎ、 うしかい、 うみへび、 エリダヌス、 おうし、 おおいぬ、 おおかみ、 おおぐま、 おひつじときて、私は「オリオン」。
 隣が釘丸さんで「がか」。「画家」座ですが、これ、実は画架だったのが、訳すときの手違い(?)で「画家」になったらしい。
 88星座に太陽と地球を合わせて、全90席にネームプレートが付いています。
 以前のイスより、広くて柔らかく、リクライニングをすると、とても気持よい。穏やかな気分で、宇宙の旅に出発です。

 500万個の星なんて、現実の世界では見ることができませんから、宇宙には、こんなにもたくさんの天体があるのかと、自らの小ささと、同時に、貴重さを感じます。

 子どもたちに夢を、大人に癒しを与えてくれるプラネタリウムです。ぜひ、一度行ってみてください。何度でも、行きたくなるに違いありません。

 当日の試写会は、早々満席となる人気でした。
 科学館のスタッフは、前日、スタッフTシャツの前後にアイロンプリントをしたのだそうです。
 コスモシアター Tシャツ

 新しいコスモシアターの名称は 「神奈川工科大学厚木市子ども科学館」となり、ネーミングライツパートナーの神奈川工科大学では、年額90万円、3年で270万円を厚木市に支払うことになっています。





スポンサーサイト
  1. 2009/07/19(日) 12:32:21|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<厚木まちうち九条の会 3周年記念の集い | ホーム | 臨時会の 市民福祉常任委員会で>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/479-0d58ad4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)