自治基本条例 ~ 意見交換会

 全国で100を超す自治体が制定している  「自治基本条例」。 
 神奈川では、県をはじめ、33時町村のうち、4市5町が制定しています。

 厚木市でも来年度の制定を目指し、これまでも、フォーラムや説明会が開かれました。
 昨年8月に発足した、公募の市民による 市民会議(厚木市自治基本条例の制定を考える市民会議) の主催で、6月に4回の意見交換会が開催されました。
 市民会議のメンバーにより、
    市民会議の これまでと これから
    自治基本条例について
 そして、
    市民会議の検討内容の説明   がありました。
     
 市民会議では、33人のメンバーが3つの分科会にわかれ、それぞれの担当を研究・検討・協議した結果をまとめたものを、今回発表。そこで市民の意見をうけて、具体をこれから詰め、8月下旬に市長への提言することになっているようです。
 
IMG_5799.jpg

 説明終了後の意見交換は、活発というわけにはいきません。
 前回よりは具体的になっているものの、まだ、はっきりした形ではありません。また、自治体の基本的なルールづくりでもありますが、すでに様々な条例で決められていることがほとんどです。自治基本条例について、よほど関心を持っていないと、捉えどころが無いのでは。
 参加者からは、 「選挙をやっても30~40%の投票率。市民の意識がその程度のレベルなのに、自治基本条例をどこまで一般化していけるか。絵にかいた餅にならないか」 との意見も出されました。
 厚木市の投票率は、そこまで低くはありませんが、市民協働と言って、自治会の負担が増えるのでは大変だとの不安の声もあります。
 私自身は、今回の内容のなかで、疑問を感ずるところがいくつかありました。

 市長への提言のあと、9月27日には、自治基本条例のフォーラムが予定されています。
 全体がどうなるのか、また、議会についてはどうなるのか。
 多治見市では、一度出された条例案が、全議員の否決で、修正したとか。
 最終的に、議会に下駄を預けられることになるのですが、わが厚木市議会では、どのようになるのか。どれだけの議論ができるのか、どうぞみなさんも、よく見ていてください。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 16:46:34|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<話を聞くとき、心はどこですか? | ホーム | 6月議会最終日  はじめての反対討論>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/470-cebcae8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)