6月定例会 一般質問

 厚木市議会6月定例会 

 6月10日(水)、一般質問の1日目。
 徳間議員、関戸議員、奈良議員のつぎ、午後1時からの予定でしたが、奈良議員、当日急に欠席となったため、繰り上がり、3番目、11時からの登壇となりました。
 午後1時から、傍聴に来て下さったり、インターネット中継をご覧の方々には、申し訳なかったのですが、こういう予想外のことも起こるのだと知りました。
 登壇での発言は、以下の通りです。
                         IMG_5625.jpg


 日本共産党厚木市議員団を代表して通告の諸点について質問いたします。

 介護保険制度は今年10年目を迎え、介護報酬の改定や介護認定基準の見直しなどが行われました。4月に実施されたばかりであり、事業所についても利用者についても、まだ実態が明らかになっていないということではありますが、現場では、すでに多くの矛盾が現れています。
 今回の介護報酬の改定では介護従事者処遇改善のためということで、介護報酬の3%引き上げが強調されていました。
 しかし、いざ、実施されてみると、加算された項目についても、事業所による手続きが煩雑になり、利用者側の負担増も多くなっています。先月、労働状況がどうなっているのかを聞くために、介護の現場で働く方々と懇談しましたが、処遇以前に、制度の矛盾に対する怒りの声が大変大きく出てきました。
 市内のある事業所からは、診療報酬の加算ができる人員や設備があるにも関わらず、登録のための手続き等が大きな負担になること、また、加算により、それまでと同じサービスなのに、利用者の負担が増えてしまうことを理由として、登録しないことを選んだという話も聞きました。加算のある事業所と無い事業所での計算が異なるため、ケアマネージャーの仕事が、非常に繁雑になっているとのことです。
 国の社会保障費について、まず削減ありきで、「保険あって介護なし」と言う人もいますが、高齢者が必要な援助を受けられないまま暮らしていかざるを得ない状況が広がっています。これを放置したままでいいはずがありません。
                   IMG_5648.jpg

 周りとの付き合いが少なく、ちょっとしたことを相談できる相手がない場合、やさしく声をかけるふりをして、だまそうという輩が近づく危険も増していきます。訪問販売しかり、振り込め詐欺しかり。お年寄りが狙われやすい詐欺事件が多発しています。
 高齢者だけではありません。幅広い年代の国民が、被害にあってから消費生活センターへ相談に行っています。
 5月29日、国会では消費者行政を一元化するために、消費者庁及び消費者委員会設置法、消費者庁及び消費者委員会設置法の施行に伴う関係法律の整備に関する法律、そして、消費者安全法の3法が可決されました。
 これまで、政府の規制緩和や業界寄りの姿勢があったために、消費者被害の拡大や事故の多発があり、国民の安全・安心がないがしろにされていました。シンドラー社のエレベーターや、パロマガス湯沸かし器による死亡事故など、皆さんもご記憶のことでしょう。消費者庁ができることで、消費者の権利や利益を守る立場での行政が期待されています。
 厚木市の消費生活センターは市民にとってどんな役割をはたしているのでしょうか。
              IMG_5649.jpg

 さて、今年の春は、世界中が新型インフルエンザに脅かされました。日本国内では空港での検疫と隔離といった水際作戦、厚木市では、昨年策定した行動計画を元に、対策会議を何度も開き対応を協議しました。
 特に厚木市立病院では、発熱外来を設け、東病棟のリハビリ患者さんを他の病棟へ移して、完全に新型インフルエンザ対応に変えました。幸いにも、当初恐れられていたほど毒性も強くなく、国内での発生が若干おさまってからは、リハビリ病棟の再開に切り替えるという柔軟性も発揮しました。この間の対応の中で、様々な課題も出てきたことと思いますが、それらを十分に検証し、新たな脅威が現れた時に対応できるような計画の見直しが必要ではないでしょうか。
 また、産科が休診しているなかで、妊産婦の受け入れはどうなるかという市民の不安の声もききました。
 産科診療の再開に向けての現状はどうなっているのでしょうか。
                            IMG_5491.jpg

以上、質問をまとめます。

(1) 介護保険制度について
    ア 制度の見直しによる問題の現状と課題について
      (ァ) 介護利用者の側の状況はどうか。
      (ィ) 介護を提供する側の状況はどうか。
    イ 制度の充実について
      (ァ) 厚木市としてどう対応するのか。

(2) 消費者行政について
    ア 消費生活センターの現状と課題について
      (ァ) 相談内容と対応の状況は。
    イ 消費者庁について
      (ァ) 消費者庁が創設されることで、どう変わるか。

(3) 厚木市立病院について
    ア 新型インフルエンザの対応について
      (ァ) 現状と課題は何か。
    イ 産科診療の再開に向けて
      (ァ) 再開に向けての方策は何か。

以上です。よろしくご答弁をお願いいたします。

IMG_5659.jpg

 実は、再質問は食後のひと時、午後1時からということで、、ちょっと笑いどころも作ったのでした。
 一般質問の全体の様子は、1週間後のインターネットで見ることができます。そちらも、ぜひご覧ください。
                            
                             IMG_5624.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/06/13(土) 17:29:53|
  2. 議会報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<元気商品券 即日完売の大行列 | ホーム | 郷土資料館特別展示 「横浜とあつぎ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/462-48497c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)