バリアフリー、無電柱化のタウンモール、完成

 5月5日、厚木中町(なかちょう)公園で
『タウンモール道路整備完成記念式典』
 が行われました。
 まちづくり事業部長は「誰もが安心して、安全に歩ける道路」と、市長は「公共空間を人にやさしい空間に」と話しました。
 IMG_5265.jpg
 くす玉開被。先日、某イベントでなかなか割れず大変だったので、ハラハラしながら見ていましたが、この日はパッと割れて、皆安心の笑顔!
 ついでに。後ろの大道芸の背高足長のお兄さん、準備中に覗いたら、化粧の真っ最中でした。後で、その変身ぶりに驚いた!

 この中心市街地は平成17年に国の「スーパーモデル地区」の指定を受け、道路のバリアフリーと無電柱化を進めてきたものです。
 中町2丁目(バスセンター向かい側)から、市役所本庁舎裏の大手公園手前、そこを左に折れて、はとぽっぽ公園を左に見ながら、ラオックスの角までの、580m。保水性の舗装で、両側に側溝あり。総事業費は6億4千万円。

 両端の白線は、運転者の注意を喚起するために、わざと、真っすぐにしないのだそうです。
 以前は、かなりでこぼこで、私たちは「パッチワーク道路」と呼んでいましたが、ずいぶん滑らかになり、歩きやすくなりました。他の自治体と比べても、厚木市の道路は、かなり整備されています。
IMG_5278.jpg

 道路を含め土木関係に市税を使わずに、福祉に使えという声もありますが、自分で車いすで歩いてみて、福祉のためにも道路整備は必要であると、実感しています。
 もちろん、不要なものはすべきではありません。安全で快適なまちづくりとははっきり区別すべきです。

 ちなみに、平成21年度予算では、土木費110億7399万円、民生費つまり福祉は221億2016万円です。
スポンサーサイト
  1. 2009/05/06(水) 15:22:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨天のフードバトルに 13万5千人 | ホーム | 今年のメーデーは、派遣切りに言及>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/440-310f15d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)