消費税反対で宣伝行動

 4月1日は、消費税が導入されてから、ちょうど20年。
 この日、厚木駅北口では重税反対厚木地区実行委員会による、「4・1 消費税「怒りの宣伝行動」」が行われました。
 
 消費税は20年間で、3%から5%になり、総額で213兆円にもなりました。
 で、目的としていた福祉はどうなりましたか?
 まったく向上していません。それどころか、社会保障費の削減が続き、医療・介護・年金・子育てなど、福祉は後退しています。
 あの213兆円は、いったいどこに行ったでしょうか?
IMG_4824.jpg

 なんと、この20年間で、大企業への減税が182兆円になっています。
 今年、政府与党は定額給付金をばらまいて、民主党までもが2011年には消費税増税をしようとしています。
 おかしくありませんか?
 消費税は、収入の少ない人に、より大きな負担となる税制です。
 それなのに、国民から搾り取った税金を、大企業減税に使ってしまうのか?
IMG_4805_20090402183534.jpg
  駅頭宣伝では、道行く人が署名をしてくれましたが、多くの人は関心がなさそうです。毎日の生活にかかわっている税金であり、その使い方がおかしいと感じなければ、投票に行く気にもならないでしょう。
 政治なんて誰がやっても変わらない、と思わないで。
 気がついて行動すれば、必ず変わります。国民の方を向いた政治に変えましょう。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/02(木) 18:59:43|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<市内小中学校では 入学式 | ホーム | 太陽光発電システム、環境センターに設置される>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/420-f633d4bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)