太陽光発電システム、環境センターに設置される

 厚木市金田にある、環境センターに太陽光発電システムが設置されました。工事期間は昨年の10月から今年2月いっぱい、除幕式が3月12日におこなわれました。
 容量は2.1KW以上で、地上設置型。 来場者駐車場の北側にあり、誰でも近くで見ることができます。
 大きさは、ごらんのとおり。全体では横5m、縦3メートルですが、1,290mm×990mmのモジュール12枚でつくられています。
 発電した電気は環境センターの管理棟の照明などに利用し、年間2万円強の光熱費節約になるとのことです。
IMG_4711.jpg

 センター管理棟の玄関にある、19インチの液晶モニターです。太陽光発電システムの解説が表示され、発電電力量もわかるようになっています。
IMG_4710.jpg

 二酸化炭素を排出しない環境づくりのため、太陽光発電システムの普及、環境教育の啓発を図ります。
 厚木市では、太陽光発電システム設置に対する補助をしていますが、金額的にも決して安いものではなく、これから、どれほど普及していくか、そして、実際にどれだけ温暖化防止に役立つのか、検証していく必要があるでしょう。
 国や自治体の補助により、消費者の「損得勘定」が改善される、初期投資の回収期間、つまり、元がとれる時期が早まることになるとの説もあります。実際にそうだとしても、二酸化炭素については、削減される量と、装置を作るための発生量との兼ね合いについては、どうなのでしょうか。かなり普及しないと、二酸化炭素削減にならないのではないかと、私は思うのですが。 
 ちなみに、環境センターの太陽光発電システム設置費用は、659万4千円です。
 
スポンサーサイト
  1. 2009/03/31(火) 18:54:31|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<消費税反対で宣伝行動 | ホーム | 二分咲き あつぎ飯山桜まつり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/419-cc5931e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)