「ミニバスを走らせる会」にて

  11月22日(土)、「厚木にミニバスを走らせる会」結成準備会が開催されました。厚木市議会の全議員に案内を出したそうです。
 
 今年の2月議会に請願が出されましたが、その時は総務企画常任委員会で、公明党の関戸議員が「地域エゴだ。」と言って、反対をしました。賛成少数で不採択となりましたが、ミニバスを走らせたいとの市民の思いは大きく、市内全域での運動にしようということで、結成に向けて活動をしているとのことです。

IMG_3932.jpg

 他の自治体に行って、ミニバスに乗ることがあります。今日は、三鷹で、杏林大学病院を通るミニバスに乗ってきました。200円でしたが、雨の中、病院から出ても傘をささずに乗れるのには驚きました。
 
 厚木のミニバス結成準備会でも、自治会や地域の方から、それぞれが必要と考える路線についても意見が出されました。駅からの放射状の路線を横断、公共の施設を回る、地域の細道を通るなど。 国の「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」に基づき、厚木市は今年度900万円の予算が付き、調査をしています。関係する公共交通事業者、道路管理者、公安委員会、利用者等で構成する協議会での結論はまだ先のことになりますが、今回の準備会に参加し、ミニバスの実現を必要としている市民も多いと、改めて実感しました。

 更に、最後に事務局のあいさつの中で、「これを機会に一斉に行動したら、すぐにでもできそうな気がします。まちづくりを市民の手で作れたらいい。ミニバスも、その一環にしたい。老後のためにも、楽しく運動して行きましょう。」との言葉には、嬉しくなりました。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/25(火) 15:39:00|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<秋、赤い実 | ホーム | 厚木シロコロ、グランプリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/358-3485027f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)