南毛利中学校・桐輝祭(合唱コンクール)

 10月18日(土)は、地域の中学校である南毛利(なんもうり)中学校で、クラス対抗の合唱コンクール。
「第33回 桐輝(とうき)祭」。

  こころ 愛 いのち -ハートに響けわれらの軌跡ー

 1~3年の693名が、クラスごとに練習の成果を発表します。
 歌に先立ち、壁画の序幕。ちぎり絵なんです。これもまた、子どもたちが一所懸命作り上げたもの。今年度の卒業式にはこの壁画がステージを華やかにしてくれるに違いありません。日の丸より、ずっと心に残りますよね。
 原画を描いた3年女子が表彰されイ、ンタビューをうけました。美術部の部員です。近所の子です。
IMG_0778_1.jpg

 学年ごとの各組の発表前に、学年合唱。
 2年生の合唱曲「つばめのように」では
  
   風を切って ひたすら飛ぶ つばめのように
  
   いつの日にか 輝ける 明日を探しに行こう 

という部分が心に残りました。
 若いということは、それだけで、価値のあることだと感じずにはいられません。

IMG_0782_1.jpg

 1年が終わり、2年が歌うと、たった1年で、こんなにも人間は成長するものかと、驚きます。
 1年生男子は、まだ半分以上が声変わりをしていない。初めての合唱コンクールに照れもありそうにも見えます。
 2年生の声は、ずいぶん大人びて、しかも、前年の経験があるから、真剣さが漂う。よくまとまって、コンクール上位を狙う意気込みが感じられます。
 3年生は、最後だし、自分たちのクラスが一番になるんだという思いがあふれる。

IMG_0787_1.jpg

 何がすごいかって、時間が、いかに人を作り上げていくものかということ、経験が力を生むということ。みんなで、何かを成し遂げることを経験して、人は社会性を身につけていくものなんだということが、よくわかります。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/24(金) 09:50:15|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2008あつぎウォークで新米! | ホーム | あつぎテクノフェスタで「移動型・地滑り検知センサー」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/351-49ab1f30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)