あつぎテクノフェスタで「移動型・地滑り検知センサー」

 10月17・18日と、「あつぎテクノフェスタ 2008」が厚木商工会議所で開催されました。
 厚木市内外の企業や大学等の、先端技術や優れた製品の展示。ビジネスチャンス拡大と、産学産産交流を促し、地域経済の振興と発展を目的としています。
 子ども向けに、ロボット操作の体験コーナーもありました。
IMG_3465.jpg

 出展者は28。エネルギー、機械、電気・電子、プラスチック、IT、地域ブランドなどなど多様な分野があり、テクノと一言で表すのは難しい。
 スタッフもたくさんで、お揃いのジャンパー。
IMG_3464.jpg

  最初に見たのがこれ、なあに?土砂災害により多くの命と財産が失われないように、地滑り検知早期通報システム「移動型・地滑り検知センサー」。地滑り危険箇所の地面に設置、センサーが地面の移動と共にリアルタイムでデータ通信、防災センターでの災害発生の規模予測が可能となるものらしいのです。まだ、実用化されているというほどではなく、厚木市でも、現在、企業の応援ということで、企業のデータ収集のため試験的に7か所に設置しているとのこと。
 ちなみに、市内の急傾斜地は何と316か所もあるとのこと。これがすべて、即、危険ということではありませんし、人的被害がほとんどないところも多いのですが。
IMG_3466.jpg
 
 他にもいろいろあって、絵にもかけない(写真を撮り忘れる)面白さ。
  
 新しい技術をつくる、広げるのが実に大変だということを、強く感じました。
 実用に供されるようになるためには、時間も手間もかかっている。新しいものを作るんだ、社会の役に立つんだ、という心意気に満ちた「あつぎテクノフェスタ」でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/21(火) 11:20:10|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南毛利中学校・桐輝祭(合唱コンクール) | ホーム | 相川地域で見た生き物>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/350-e3aa2bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)