墓参りで帰省、三陸の瞬間旅

 9月12日(金)は、市民福祉常任委員会。3議案・3陳情が審議されました。
 委員が変わり初めての委員会であり、しかも、副委員長ということで、大変緊張して迎えたのです。
 しかし、予想外なことが起こり(一番最初に、公明党の寺岡議員が所管ではない議案について発言)、いろんな事があるものだと、気を引き締めながらの一日となりました。
 委員会の審議内容については、後日、議員団ニュースで、ごらんください。
 
 その晩は、岩手へ夜行バスで出発。父の3回忌、ちょっと早いけど、もうこの日しかないと。
 東京駅のバス停には旅支度をした人がいっぱい。表示板には、バスの出発時刻、行先、便名が。私の乗るバスの後は便名が、「ドリームササニシキ1号」。
IMG_3023.jpg
 
 盛岡から花巻、花巻駅ホームに、南部鉄器の風鈴が涼やかな、いい音を奏でていました。
 南部鉄器の風鈴をもらったことがあります。風の強い日に軒下で大きい音で鳴りまくり、あまり風鈴が好きではなくなっていたのですが、ここでは、穏やかな風に吹かれて、とても心地よく響いていました。
 風鈴って、こんなに、いい音楽を聞かせてくれるものだったのですね。
IMG_3024.jpg

 墓参りが済んでの昼食は、「磯ラーメン」、いとこに、ごちそうになりました。これは店頭の見本でして、実は、もっと豪華な磯ラーメンを食べたのですが、食欲が先に立ち、食べてしまってから、写真を撮るべきだったと後悔。
 帰省すると、必ず、「磯ラーメン」を食べます。私が食べたのは、国道45号線沿いにある「磯よし」というレストラン。わかめ・めかぶ・ふのり、アサリ、エビ、しゅうり、いか、いくら、ウニまで!磯の味とかおり、たっぷり。
 三陸に行ったら、ぜひご賞味ください。
IMG_3026.jpg
 
 そこの駐車場からの景色。リアス式海岸の中ほどにあるところ。向こうは、太平洋。
IMG_3028.jpg
 ちなみに、夕食は、別ないとこの家で、さんま三昧。さんまのさしみ、さんまのすり身汁、焼きさんま。手作りの塩ウニ、夕顔の煮物、ほうれん草の白和え、金婚漬まで。
 墓参りの準備から、食事、お風呂まで、すっかりお世話になって、本当にありがたいなあと、人の情けが身に沁みる。
 その晩は、午後9時20分発の夜行バスで、ふるさと大槌を発ちました。左隣の若い女性が歯ぎしり、その前の中年男性がいびき、右隣はトイレで、一晩中賑やかな帰路でした。
スポンサーサイト
  1. 2008/09/16(火) 12:05:25|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジュリー、憲法9条を歌う? | ホーム | 9・18 日本共産党1万人街頭演説>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/328-07bf7aae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)