道路わきに、ポンプがひとつ

 市民の皆さんからの声で、多いのは、道路に関するもの。道端の草がボウボウだというのは、よく言われます。現場に行って写真を撮って、道路部に頼みます。
 草を刈った後に行くと、前より見通しが良くなっています。
 先日、事後を見に行きましたら、近くにポンプがありました。
 子どものころ、通学路のわきや、同級生の家にもあり、夏は冷たい水が、じゃばじゃば出るのが面白くて、時々ポンプを押したものです。
IMG_2258.jpg

 18年度の水道普及率は平成18年が厚木が、99.0%
               わが故郷の大槌町は、93.6%
 水の使用量は近年減っているようです。湯水のように使っていては、環境に悪いですからね。
 水は命のもとだもの、大事に使わなくては。自戒を込めて。
スポンサーサイト
  1. 2008/07/16(水) 09:15:40|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お土産の 詩 | ホーム | 原子力空母の母港化反対の大集会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/300-7906c6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)