小学3年生、議場を見学する。

6月30日(月)、市内飯山小学校の3年生52人が、社会の勉強で公共施設見学のため、市役所を訪れました。子どもたちが議場を見るときに、釘丸議員とのぞいてみました。

 子どもたちは、3名の先生と付き添いのお母さん4名といっしょに、傍聴席に座りました。
 まず、広報課の鈴木さん(前に立っているお姉さん)から、厚木市や市役所のことについて、そのあと、議会事務局の大野さん(私たちはいつもパソコンのこと教えてもらってます)から議会について、それぞれ説明がありました。議会クイズもありました。
IMG_2186.jpg
 子どもたちからの質問。
  Q) 市役所に部屋は、いくつありますか?
  Q) 議会では、どうやって話しをするのですか?
  Q) 一つの会議は、どれくらい時間がかかるんですか?
  Q) 市役所の職員になって、よかったことは何ですか?
  Q) 市民に相談されて、悩んだことはありますか?

などなど、職員がわかりにくかったり、答えにくかったりということや、見ている私たちが手をあげて答えたくなるようなことなど、いろんな質問が続きました。
 最後に、お母さん達に「議会を見に来てください」と、傍聴のお勧めもありました。

 ところで皆さん、選挙で票を入れてと頼まれることはあるでしょうが、議員から、「傍聴にきてください」と言われたことはありますか?
 議員が議会で、どんな発言をしているか、どんな様子か、ぜひ、皆さんも、直接議会にきて、お確かめください。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/30(月) 18:42:38|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<今月から、厚木は小児医療費助成拡大 | ホーム | にぎわい処でバッタが!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/294-13b3e32e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)