バリアフリーまちなみ探検隊

 車椅子利用者からの発案で、実際に車椅子で町を歩くことになりました。
4月13日(日)の雨の中、市の生活道路課にも参加をお願いして、総勢12名でまちなみ探検をしました。
一番街で商店の看板が歩道を占領しています。お店のお兄さんに言うと「店の人に言ってくれ」とのことで、まるっきり話になりません。自転車も歩道にいっぱいです。
IMG_1491_1.jpg

 車椅子に乗ってみました。視線が低くなって、とにかく怖い。ハンドルを動かすのもままならず、自分の足で動くのとは速さが違います。それに袖口が車輪に触れてしまいます。古い歩道はガタガタと振動がずっと続き、車酔い状態。新しい歩道はなめらかです。ただ、工事中は段差が大きくなっていたり、幅が狭くなったりと大変不便です。
 人に押してもらうのは、速さがわからなくて不安になります。
IMG_1497_1.jpg

 駅で切符を買おうにも、手が届きません、これでも目いっぱい手を伸ばしているのです。写真では見えませんが、下の壁に足が当たって自販機にぴったりと近づけません。
IMG_1499.jpg

体験が終わり、ファミリーレストランで昼食。そこでも、車椅子では狭くて、動きにくいのです。
IMG_1508_1.jpg

実にいろんな場面で不自由を実感しました。一人で車いすで外出するのがいかに大変なことか。
声を上げていくことで、バリアフリーが進んでいくことを感じながらの体験会でした。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


  

スポンサーサイト
  1. 2008/04/14(月) 17:32:01|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<公園の遊具 | ホーム | もみじの手 オープンセレモニー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/242-6e27a750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)