温泉卵の作り方

右:箱根のお土産・黒たまご、左:栗山の苦心作・温泉卵
IMG_1344.jpg

 先日、釘丸議員が温泉卵作り器を1280円で買おうとしていました。自分で作れるはずだと私。そこで、釘丸議員は何度か試みて、うまくできたと、控室で試食。
 その後、箱根のお土産に温泉卵をもらった私も、温泉卵作りに挑戦。かっこうはよくないが、白身はやわらかく、黄身がとろ~りの物を作れるようになりました。
 私の作り方です。
   ① カップヌードルの容器に酢を少々。
      (以前貰った何度も使えるカップヌードルの容器があったので利用。
       酢はカラが割れるのを防ぐため)
   ② 卵を1個、入れます。
   ③ 沸かしたての熱湯をたっぷり注ぎこみ、皿で蓋をします。
   ④ 常温程度まで放っておく。
   ⑤ もう一回、どんぶりに卵と熱湯、好みの時間で取り出す。

 ついでに、釘丸さんの作り方
   ① 丼に卵4個。(家族4人なので、喧嘩しないように)
   ② 熱湯を張った鍋にどんぶりを入れる。
   ③ 丼にも熱湯をたっぷり入れる。
   ④ 時間は、いい加減。 
  
温泉卵は、凝固の温度差によって黄身がトロリ、白身がやわらかくなるのだそうです。
半熟玉子は時間を間違えなければできるから、作りやすい。

クリックをお願いします。
にほんブログ村 政治ブログ 地方自治へ


  
スポンサーサイト
  1. 2008/03/25(火) 14:19:39|
  2. ちょっと一息
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「オレは公明党じゃない」と叫んだ男 | ホーム | マタニティ プラネタリウム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/231-0d62faa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)