FC2ブログ

話し方研修に初参加。議員向けだそうだ。

党議員団では12年ぶりの新人を迎えて、今までとは違った研修も必要かと、8月9日(金)13時から16時30分まで、平塚市勤労会館で「議員の話し方研修会」に参加しました。
桜丘公園の百日紅

 最初はスピーチの基本型。
人は目から入る情報に大きく影響されると「メラビアンの法則」が話された。
さらに立ち姿のチェックポイント「せめてあしこしふくくせ」(背筋、目線、手の位置、足及び腰、服装、癖)も。
話はわかりやすく簡潔に印象深く、などなど。

次に「質問力」。
議会の質問とは何か。
成果を考えて質問すること。
勉強していないことがわかってしまう質問にも言及。

そして、人間関係を結ぶ聞き方については、聞き方も表現の一つであり、説得に変わってくること。
人は理屈だけでは動かず、感情面との両面での働きかけで納得してもらえる

― といった具合。
駐車場の烏瓜

議員13年目の栗山にとって目新しいことは特にありませんでした。
メラビアンの法則について批判があることも承知していましたが、研修の中では実例が多く、わかっているつもりでも実際にできていないことが多いことに思い至り、気が引き締まりました。
話し方研修は生まれて初めてでしたが、行政や議会に関する研修だけでなく、1回は受けてもいいのかもしれません。
むくげ?

世の中には話し方の本などがたくさんありますが、私自身の経験から、何よりも話す人の中身が一番大事だろうと思っています。
スポンサーサイト



  1. 2019/08/23(金) 11:37:58|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 夏に来た孫、1歳に六法全書、2歳には広辞苑>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1733-2fb654ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)