FC2ブログ

厚木市の新しい博物館、開館

1月27日(日)、「あつぎ郷土博物館」が開館しました。
寿町にあった郷土資料館も博物館でしたが、下川入の青年の家跡地に新築。
鉄筋コンクリート造の2階建て、白くて、すっきりとした外観で、周囲の緑に溶け込んだ落ち着いた佇まいです。
博物館、開館中

開館初日は1200人ほどが来館したとのことで、関心と期待の高さが伺えます。

博物館の中に入ると、エントランスホールでは昭和中ごろまで現地にあった菁莪小学校に絡めて、「文教の地をバトンタッチ―菁莪小学校から博物館へ」として展示しています。

ホール左側には体験学習室1と2。
中仕切りをとると広く使えます。

展示室は高規格のエアタイトケース、高透過ガラスを使用し、いかにも博物館という感じ。
「厚木の博物館」なんだなあと、しみじみ。

基本展示室は厚木の考古・民俗・歴史・生物と幅広く展示。
厚木が海だったとわかる貝殻の化石や大昔の人々が使った土器、行燈など灯りのいろいろに相模人形芝居、大山や相模川と生活の関わり、厚木の生き物ではカブトムシたちの樹液争いやの蝉のおしっこの動画もあり。
基本展示室

化石展示室にはトリケラトプスの頭部と大腿の骨。
郷土資料館で展示していたもの。
トリケラトプス

企画展示室では、開館記念特別展として4月7日まで「みる、しる、たのしむ 浮世絵の世界―歌麿・北斎・広重」、2週間ごとに入れ替えをするとのことです。
展示室前

2階は収蔵庫で、美術品や刀剣、はく製などの資料をそれぞれに異なる最適な環境で保存ができるそうです。

29日に行ってみると、結構混んでいました。
「菁莪」を何と読むのかと言っていたご婦人に「せいが」と伝えたのですが、地元じゃない方も来ているようです。
「博物館ができたので」と車椅子できていた人も。
撮影禁止以外のものは、フラッシュを使わなければ写真を撮っていいそうです。
わからないことがあれば、学芸員さんから解説を聞けたらラッキー、より理解が深まります。
時々展示内容が変わるとのことですので、月に一度は行きたい所。

公共交通はバスがあります。
行きはバスセンターの1番乗り場が始点で、郷土博物館行は1時間に1回ですが、バスを降りれば、博物館!
帰りは、博物館を出れば、目の前がバス停!
こりゃあラクチン、ラクチン。
自分で運転するのと違って、往復の車内では外を眺めながら厚木のまちを楽しめます。

スポンサーサイト



  1. 2019/01/30(水) 10:59:17|
  2. 活動レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<市長選、始まりました。次は知事選。 | ホーム | 平成30年度市民防災研修会―自助なくして共助なし>>

コメント

私は1月27日に、新しい、あつぎ郷土資料館に行ってきました。素晴らしい環境の資料館、厚木の考古、民俗、歴史や刀、剣、生物、美術品と幅広く展示され素晴らしい資料館だと思いました。開館記念、クイズラリー、8問に挑戦致しましたが、残念ながら、全問正解とはならず、7問の正解でした。
今後楽しい企画を用意しておられる様で楽しみにしております。
 資料館の隣にある、グランドゴルフ場では、下川入、老人会の方がグランドゴルフなど、週3回程、楽しんでいます。私もその一員ですが、残念ながら毎回は参加出来ていません。
  1. 2019/01/30(水) 23:15:57 |
  2. URL |
  3. 伊藤典雄 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kuriyamakayoko.blog102.fc2.com/tb.php/1694-56f4e59a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)